« 憧れのカスタムキュー | トップページ | 真っ直ぐでコジる »

2009/01/22

最近よくトばす配置

最近と言うよりも、この球は、ノーマル(標準)シャフトにしてからトばすことが多くなった。厚めの的球を順ヒネリの押しで入れて手球を前に走らせ、クッションでヒネリの力で手前に戻ってくるという球だ(下図)。バシッとキューを出せば大丈夫だが、ちょっと弱めに走らせようとして撞くと、だいたい厚めにトばしてしまう。上目の横の撞点を撞くので、見越しが大きくなり、それを合わせられないのかもしれない。ハイテクシャフトを使っていたときは、こういう球はそれほど苦にせず、よく使っていた球だった。

090122

と言っても、見越しの問題なら、何度も練習して体で覚えてしまえばいいだけだ。いろいろな力加減でこの球を撞いて、そのときどきの見越しを覚えていけばいい。また、この配置とはちょっと異なるが、厚めの球を入れて順のヒネリの力で走らせる球というのも厚めにトばすことが多い。今度はキューをバシッと出しすぎてしまうために手球がタップに乗らず、見越しが出るのだろう。厚めだからただ入れるのは簡単だが、だからといって練習しないと「いざ」というときにトばしてしまう。厚いからとか薄いからだけではなくて、手球の動かし方によって入れの難易度が変わるのだから、ビリヤードは面白いな。


関連記事

|

« 憧れのカスタムキュー | トップページ | 真っ直ぐでコジる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/43818795

この記事へのトラックバック一覧です: 最近よくトばす配置:

« 憧れのカスタムキュー | トップページ | 真っ直ぐでコジる »