« タップが取れた | トップページ | エベレストを付けたついでに »

2009/01/15

キュー先と手球の距離

土方Pと撞いていて、ものすごく驚いたことがある。それは、素振りのときのキュー先と手球の距離の近さだ。遠目で見たら、くっついてんじゃないの? と思うくらい近い感じがした。思わず、「ちょっと写真撮らせてください!」と言いそうになった。というか、実際に写真に撮らせてもらえばよかった・・・。

この、素振りのときのキュー先と手球の距離って、自分ではイマイチどのくらい近いのかわかりにくい。「いちばん近い」と思っても、実際にキューを近づけてみると間が空いていたり、逆に、近づけようと思ったらキュー先が手球に触れてしまったり・・・。ただ、この距離が近ければ近いほど、インパクトのタイミングは合わせやすいに決まっているだろう。そう考えて思い返してみると、上級者の人ほどこの距離が狭いように感じる。僕は昔、この距離が結構広くなってしまっていて、コジリが出たり、うまく手球をコントロールできない時期があった。いまは近いかと言われれば、まだまだかなぁ・・・と思うのだが、それでも、以前に比べればだいぶ縮まっただろう。でも実際はどの程度なのだろうか? 今度誰かに見てもらおうかな。


関連記事

|

« タップが取れた | トップページ | エベレストを付けたついでに »

コメント

タップと手球の距離
僕も土方Pを見て同じことを感じてます

おさわりとか変に意識してしまったりとミスも多いですが良いときはすごくいい感じにつけますsign01

馴れるまで時間がかかりそうですが反復練習するしかないですねsmile

投稿: のり | 2009/01/18 14:29

ですよ。特に実際に撞く直前は、ピタッとキュー先を球に合わせたいですよね。

投稿: アライ | 2009/01/19 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/43749202

この記事へのトラックバック一覧です: キュー先と手球の距離:

« タップが取れた | トップページ | エベレストを付けたついでに »