« 奥村流 驚異のビリヤード上達法 | トップページ | 見越しがない!? »

2009/02/05

いい球撞けてる

タップをブルーに変えてから、手球のラインがイメージ通りになって、結構いい球が撞けているように思う。ヒネリを加えると、入れが危うくなるところはあるが、捻らなければ入れやすい。ちょっと我慢して、遠目の球を入れるというのも、それほど苦じゃなくなった。全体的に取り切りが多くなったし、難しい配置をうまく裁けるようにもなっている(下図)。

090205

これは相手のブレイクノーインで回ってきた配置。まず取り出しの1から2が厳しい。中央付近に球が縦に並んで障壁を作っている。そこを引きを利かせて手球を回り込ませ、邪魔な球を回避した。手球には順のヒネリを入れて、1番を厚めに処理している。で、2から3は無理せずに遠目のコーナーを狙うポジショニング。次の4へも押しで出せるし、厚めにしたほうが邪魔な球にキスせずに前に走らせられる。4から5はもっと厚めに出したかったのだが、ちょっとチビってしまった。7が左上(図で)のコーナーに直接狙えないので、6からのポジショニングに迷ったが、5を確実に入れて、6は左上のコーナーに取ることにした。狭いほうに出す選択だ。ここも、もっと厚めに出して、押しで7にポジショニングしたかったのだが、思いのほかフリができてしまった。が、頑張って引きでワンクッションさせて7にポジショニング。かなり入れが難しい球だったけど、右上(図で)の遠いコーナーに7番を入れて無事取り切った。

と、いい流れで撞けることが多くなったが、どうも8番でトばすとか、8番で出しミスして9番をトばすとか、最悪なケースが見られる。それまでかなりいい取り切りをしているのに・・・だ。いい球は撞けても、これでは勝てる球は撞けない。ゲームに勝って、勝負に負けるという感じ。どうも最後のほうで慎重になりすぎてしまうことがある。7から8をていねいに撞きすぎてミスしてしまうのだ。しかも、入れよう入れようと思うから、余計に手球を置きに行ってトばしてしまう。わかっているのだが・・・。もちろん、「もう大丈夫」と安心して簡単に撞いてしまうパターンも多い。大丈夫な配置なんて、ひとつもないのに・・・。残り3球で気合いを入れ直し、きっちりと取り切れるよう、技術も精神力も鍛えないとダメだな。


関連記事

|

« 奥村流 驚異のビリヤード上達法 | トップページ | 見越しがない!? »

コメント

これを取りきっちゃうってのはさすがにA級ですねぇ。
自分にはまったくイメージできません。
①から②のラインは見切ってたんでしょうか?
でないと通せませんよね。すごいっす。

でもそんなアライさんのレベルでも詰めを失敗することがあるんですね。
私の場合すぐ調子に乗るんでいつもですけど(笑)

投稿: はんじ | 2009/02/07 00:16

1から2ですが、最近のキレのないイメージでしたので、本当はサイドポケットの右側(図で)に手球が入って、ヒネリで左スペースに持ってくるイメージでした。が、結構キレてよりうまくいきました(笑)。

実は僕はすぐ適当に撞いてしまうことがあるので、詰めを失敗するのはいつもなんです。なんかちょっと嫌だなぁ・・・というイメージがあると、球から逃げてしまうというか・・・。きちんと集中し直さないとダメなんですけどね。

投稿: アライ | 2009/02/07 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/43959903

この記事へのトラックバック一覧です: いい球撞けてる:

« 奥村流 驚異のビリヤード上達法 | トップページ | 見越しがない!? »