« ヤフオクにSouth Westが!? | トップページ | 奥村プロのビリヤード上達法 »

2009/02/18

気持ちの勝ち負け

どうしても、気持ちで負けてしまって球をトばしてしまうことがある。簡単な球の場合、ぱっと構えて、ぱっと撞いて、そのままポケットできる。そこで迷いはまったくない。頭の中のイメージも、的球がポケットされるイメージしか出てこない。ところが、それがちょっと入れが難しい球だったりすると、余計なイメージが頭に出てくる。

「トばすかも」「捻ったほうがいいかな?」「薄いかな?」・・・といったもの。そうした嫌なイメージは、頭から排除して撞かないと球が入らない。いったん構え直して、しっかりと的球を狙い、入れに対して集中する。頭に的球がポケットされるイメージが出来上がってから、手球を撞けばいい。と、頭ではわかっているが、そういう強い気持ちが持てないのだ。そのまま何となく球を撞いてしまい、案の定トばす。気持ちで負けてしまっている瞬間だ。本当に気持ちで勝てない。構えて入らないと思っている球なのに、その場からすぐに逃げ出したくて、そのまま撞いてしまう。気持ちで勝って、いつも「入る」と確信できるような球を撞かないとダメだ。その球をたとえトばしてしまったとしても、それはまったく別物だと思うのだ。


関連記事

|

« ヤフオクにSouth Westが!? | トップページ | 奥村プロのビリヤード上達法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/44106330

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちの勝ち負け:

« ヤフオクにSouth Westが!? | トップページ | 奥村プロのビリヤード上達法 »