« 見越しがない!? | トップページ | 左でのストローク »

2009/02/11

中心の撞点からはらって撞く

SAで見越しをなくせる撞き方、中心の撞点を狙いながら撞く瞬間に少しズラして横にキュー先をはらう方法をDishawで試してみた。やっぱり、Dishawでも見越しがほとんど出ない。もちろん、大きくヒネリを入れるときなどはズレが生じてしまうが、どちらかといえば上下の回転をメインにして、ヒネリは軽く乗せてやりたい、といった球では普通に撞く感覚で裁ける。基本的に、大きく捻るという場面はほとんどない。フリさえきちんとしていれば、ほぼ球なりで取り切れるものだ。そこに軽くヒネリを加えてやることで、手球のコースなどを調節してより正確にポジショニングしていく。そうした軽く捻るというのが簡単なのだ。これは、順も逆も同じ。どっちも見越しを気にせずに撞ける。特にこの撞き方で入れやすくなった球が、強めに撞いて手球を走らせるもの(下図)。中でも、的球がポケットから距離があって、しかも手球と的球も少し離れていたりすると、ちょっとしたヒネリを加えようとしても入れミスしてしまう。これまで、こうした配置のとき、ちょっと強く弾いてトばしてしまう、逆に入れようとして置きにいって手球が走らない、ということが多かった。それが、ほぼ上だけの撞点で押しを入れる感覚で、ヒネリも乗せながら手球を走らせられるのだ。

090211

もちろん、この撞き方では、クッションをグッと噛むような強いヒネリを加えるのは難しい。逆にそうしたヒネリを加えると、大きくズレてトばしてしまうことがある。少しのヒネリを加えて、手球をスムーズに走らせるときに有効だ。切り返しとか、マックスのヒネリを加えるような場面では、これまで同様、キューを平行にズラして撞く方法も組み合わせる必要がある。と言っても、ちょっとしたヒネリのときに、まったく見越しなどを気にせずに撞けるようになったことは大きい。入れに自信を持って撞くことができる。まだ新しい感覚なので、合わせられない部分はあるけれど、これから撞き続けていけば大丈夫だろう。楽しみだ。


関連記事

|

« 見越しがない!? | トップページ | 左でのストローク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/44027065

この記事へのトラックバック一覧です: 中心の撞点からはらって撞く:

« 見越しがない!? | トップページ | 左でのストローク »