« 中心の撞点からはらって撞く | トップページ | 的球の距離を逆ヒネリで調節 »

2009/02/12

左でのストローク

やっぱり、左でもある程度撞けるようにしておこうと考えている。これまで、届かない球はメカニカルブリッジを使っていたのだが、押し引きはともかく、ヒネリなどはまったくできない。また、入れはなんとかなっても、力加減が合わせられなくて出しミスしてしまうことも多い。届かない場所に手球をポジショニングしなければいいことなのだが、それが完璧にできるわけでもなく、結局、お世話になることがある。背が高いので、届かない場所は少ないのだが・・・。

そこで、左でも撞けるようにしようと思った次第。左で撞けることができれば、メカニカルブリッジはほぼいらなくなるだろう。手で撞いたほうが、ヒネリや力加減も絶対にやりやすいに決まっている。が、実際に撞いてみると、まったく撞けない。まぁ、ビリヤードをやり始めたばかりの初心者と変わらないのだから当たり前だが、とにかくキューが振れないのだ。なんか新鮮な気分。というわけで、いまはセンターショットが面白い。しかも、自宅で素振りも取り入れている。左で真っ直ぐ撞けるよう、体に覚え込ませているのだ。やっとセンターショットが半分くらいの確率で入る感じかな。もっとスムーズにキューが出るように、慣れていかなくては。

僕は高校時代にビリヤードを始めてやってみて、結構遊びで撞いていた。だから、本格的にビリヤードを練習しようと思ったときには、ある程度キューを振ることができた。キューを振るということを体が覚えていたのだ。だからキューを振るということすらできない、いまの左の状態はすっごく新鮮。ビリヤードをやり始めた人って、こんなに窮屈に感じているのか!? なんて、妙に感心してしまったり。ストロークする左が筋肉痛になったり、足がつりそうになったり、ブリッジを組む右手もつりそうになったり・・・大変だ。もちろん、左を練習したところで、そんなに活躍の場があるわけではないだろう。だから、時間があるときにチョロッと、ときどき撞くようにして、左でもスムーズなストロークができるようにしていきたい。


関連記事

|

« 中心の撞点からはらって撞く | トップページ | 的球の距離を逆ヒネリで調節 »

コメント

左手でセンターショットですかぁ。
考えられません。
自分も左手で撞けたらと思って練習しましたが、最初空振りしましたし。
フットスポットに手玉を置いてコーナーへの間に的玉置いてのショットでも入らないことが多々。
あまりの不器用さに諦めざるを得ず(笑)
今は普段の生活でできるだけ左手を使うように意識してます。
そっから始めないと撞ける気がしないもので。

投稿: はんじ | 2009/02/13 01:15

やっぱり左で何かをするという慣れは必要かもしれないですね。僕は元々足は左利きなので、もしかしたら普通の右利きの人よりも違和感がないのかもしれません。が、それでもやっぱり、真っ直ぐ撞くには道のりが長そうです。

投稿: アライ | 2009/02/13 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17906/44039171

この記事へのトラックバック一覧です: 左でのストローク:

« 中心の撞点からはらって撞く | トップページ | 的球の距離を逆ヒネリで調節 »