« JO:キューの話 | トップページ | ハイスピードカメラで引き球を検証 »

2009/03/24

JO:E.レイズのセーフティー

ジャパンオープンのベスト8の試合、E.レイズ vs R.ガレゴの第1セットでのレイズのセーフティー(下ムービー)。かなりしびれる。1番が直接見えていない状態で、こんなセーフティー決められたら戦意喪失だ。手球を2クッションで1番に当てて、そのまま3番の真裏に隠す。1番への手球の当て方がとにかくすごい。僕だったら・・・厚めに当てて、手球ストップで最高の状態かな。1番の向かって右側に薄く当てて、手球を短クッションに沿うように走らせるなんて、イメージもできない。しかも、ノークッションファールの危険もあるし。どうして測ったようにピタッと3番の裏で止まるのだろうか? 手球の順の回転が影響しているのか?

この1番、結局ガレゴはファールして、レイズが取り切ったように思う。が、それでもその後ガレゴはマスワリを連発してレイズを退ける。こんなセーフティー決められても、心はまったく折れていなかったというわけだ。なんだかレイズは、簡単な球をトばしてしまう場面が多かったように思う。予選もそうだったようだ。目があまり見えていなから・・・とのことだが、見えていないのにベスト8ってところのほうがすごいな。


関連記事

|

« JO:キューの話 | トップページ | ハイスピードカメラで引き球を検証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JO:キューの話 | トップページ | ハイスピードカメラで引き球を検証 »