« グリップを握り込まない | トップページ | 1球でいろんなことを考える »

2009/03/31

漆塗りのキューは作れないのか?

海外在住の友人へのプレゼントとして、「箸」がいいと思い、表参道(青山)の「夏野」にやってきた。箸っていっても、ピンからキリまである。貝殻で装飾されたものとか、象牙が使われているものとか、ただ素材の木目を生かしたものとか・・・。って、コレってビリヤードのキューみたいだな? と思った(下写真)。きっと同じような装飾技術で、ビリヤードのキューもデザインできるだろう。

090331

箸では、漆塗りの素晴らしい作品がたくさんあった。値段も高価なのだが、それに見合うだけの独特の模様になっている。このデザインをビリヤードのキューに生かせないものだろうか? ニスと漆では、硬さとかが変わってくるのかな? 耐久性とか重量とか、さまざまな要素が絡み合ってくるので、一概には言えないが、でも漆塗りのキューってできそうな気がする。PredotarのBKシリーズとか、黒い漆塗りっぽいし。漆塗りで金箔とか散りばめたら海外でも受けそうだ。たぶん、性能的な部分で未知なところが多いのだろう。あとは・・・メンテナンス時の塗り直しとか、コストがかかりそう。結局、プレーではなく観賞用のキューになってしまうのかもしれない。


関連記事

|

« グリップを握り込まない | トップページ | 1球でいろんなことを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリップを握り込まない | トップページ | 1球でいろんなことを考える »