« 9ボールとシュート率 | トップページ | 逆ヒネリ »

2009/03/01

クッション際の8から9

最近は、まったく球が取り切れない。ミスばっかり。だから、相撞きしてもらっても、全然勝てない。というよりも、みっともない球ばっかりな気がするなぁ・・・。そんな中、KMさんと撞き、いろいろと教えてもらった。かなりたくさんの球を教えてもらったので、少しずつマスターしながら紹介していこうと思うが、頭ではわかっていてもできないんだよなぁ・・・。

さて、まずは知っていればという取り方の話。これまで、クッション際の8番を入れて、ラックからほとんど動かない9番にポジショニングする際、フリにもよるが、手球に順のヒネリを入れて手前に戻ってくるようにしていた(下図:青線)。ただし、これでは手球が手前のサイドポケットに向かってしまう可能性もあるし、力加減が難しい。手球が土手付近に止まってしまうことも多い。結構、8番に対してフリがあれば、そのまま押して横に手球を走らせてポジショニングするだろうが、やっぱり今度は向こうのサイドポケットに向かってしまう。

090301

この球は、逆押しがいいようだ。もちろん、僕もその選択肢はいつも頭にあったし、8番に対して手球がやや厚めなら選択するだろう。でも、逆押しのラインだと、ちょっと手球のコースが横に開いてしまうと、9番を狙える位置まで、ラインではなくクロスで走ってしまう(上図:黒線)。結構、点で出す感じになってしまうのでなんとなく嫌だったのだ。ただ、それでも順で手前に戻すなど、手球がサイドポケットに向かすよりもいいとのこと。なるほど。もし8番に対して手球が薄かったら、わざと横に手球を走らせて、9番を左下のコーナー(図で)を狙えるようにポジショニングすればいい。実際にやってみると、力加減を調節しやすいので、あまり大きなミスが起きにくい。また、手球がクッションタッチして撞きにくくなることも少ない。そして何よりも、手球が9番に近くなる。土手でもなく9番に近い位置に手球があれば、結構フリがあっても問題なく入れられるものだ。力の加減だけ気をつけて、逆押しで手球を走らせればいいだけなのだ。この配置、いつも迷ってしまって手球が撞きづらになってしまうことなどがあったけれど、ひとつ自信を持って選択できるポジショニングが増えた。こういうちょっとした自信が大きい。


関連記事

|

« 9ボールとシュート率 | トップページ | 逆ヒネリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9ボールとシュート率 | トップページ | 逆ヒネリ »