« 厚めの遠目の順ヒネリ | トップページ | 弱めに撞きつつ逆を切る »

2009/04/07

みんなうまい

最近、周りにいる球を撞く人間たちのレベルがアップしている気がする。まず、昔から知っている人たちがうまくなった。僕も少しはうまくなっているのだろうが、それ以上に周りもレベルアップしているのだ。だから頑張らなくちゃと、練習することができる。なんとなく、みな、それぞれの実力を意識して追いつけ追い越せと練習しているように感じる。こういう向上意識を持てるような環境が、どんどん周りを育てていくのだろうなぁ・・・なんて。もっとしっかり練習とかしないと、置いていかれてしまうな。

そして、新たに知り合いになる人のレベルが高くなった。そんなわけで、自分の実力がまだまだだって思い知らされる日々が続いたりしている。ただ、一緒に撞いて全然勝てる気がしないけど、それでもすっごくうれしかったりする。やっぱりうまい人の球は、見ているだけで楽しいものだ。しかも、同じように上級者でも、人それぞれ球が違っていて、同じ球など存在しない。だから、いろんな人と撞くことは、それだけで得るものがあるのだ。とにかく、こういううまい人たちに、追いつくことが目標かな。


関連記事

|

« 厚めの遠目の順ヒネリ | トップページ | 弱めに撞きつつ逆を切る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厚めの遠目の順ヒネリ | トップページ | 弱めに撞きつつ逆を切る »