« iPhoneで読む | トップページ | 「順」の使い方 »

2009/04/24

ヒネリを使わずに狙う

ヒネリを使わないようにしてから、球が入るようになった。これまで、結構ヒネリを多用していたのだが、ひねらずに押し引きだけで出せるような球のときは、ヒネリを入れないでそのまま撞くように心がけているのだ。実際、撞いてみると、かなり捻らなくても大丈夫だとわかる。もちろん、ヒネリは大事だ。クッションから、少し前に出したいとか戻したいとか、ヒネリの回転で調節したほうがうまくいく。ただ、それは入れが簡単な配置になってから、より簡単に取り切るために必要なことだと思う。どうも最近は、ちょっと難しい配置を無理にヒネリを入れていいところに出そうとしてトばすパターンが多かった。それをなくすのだ。

ヒネリというのは、手球のコントロールには素晴らしいのだが、やっぱり入れが曖昧になると感じている。手球の回転によるスローの影響があるからちょっと厚めに狙おうとか、見越しがあるからちょっと薄めに狙おうとか・・・。結局、それはきちんとした厚みを見ていないことになる。感覚的には入れられるのだが、正確に狙いを定めていないことになる。普段、球を撞いているとき、感覚的に入れていけばそれでもいいのだが、試合などで緊張した場面ではそうもいかない。普段からできるだけ正確に、きっちりと入れるためには、ヒネリを使わないでしっかりとした厚みを確認しながら撞くといいように思う。そうやってヒネリを使わずに、きっちりと狙うようにしたら、うまく球に対して集中できるようにもなった。問題は、手球の距離。これまでヒネリの回転で走っていた球が、短くなってしまうのだ。その辺を調節しつつ、確実に固い球を撞いていきたいと思う。


関連記事

|

« iPhoneで読む | トップページ | 「順」の使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhoneで読む | トップページ | 「順」の使い方 »