« この適当さが弱さの証 | トップページ | 向ヶ丘遊園:サンビリヤード »

2009/05/06

右からのブレイク

先日、ブレイクが当たっているのに、全然球が入らないことがあった。僕はいつも左側からブレイクしており、この台でもずっと左側から撞いていた。が、それがいけなかった。相手の人は右側から撞いていて、ブレイク後、結構球が入っていた。だから右側から撞いてみればよかった。そのまま僕は撞きやすい左側からばかりブレイクを続けてしまい、結局、セットマッチに敗れてしまった。

今日、やっぱりブレイク後に球が入りにくい台があった。ということで、右側からブレイクしてみると、左よりは球が入ってくれた。右側からのブレイクは、あまり慣れていないのでハードブレイクという感じではないけれど、しばらく撞いているとうまく1番に厚めに合わせられるようになった。なんか、左側からのブレイクと比べて、すっごく横から撞いている感じがする。全然景色が違うのだ。左側からだと、1番に真っ直ぐ狙えばいいのだが、右側の場合は1番のやや左側を狙うようにするといい。まぁ、この違いは慣れていけばいいことだと思う。左側からのブレイクだけにこだわらず、これからも台に合わせて、右側からのブレイクをうまく使えるようにならなくては。


関連記事

|

« この適当さが弱さの証 | トップページ | 向ヶ丘遊園:サンビリヤード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この適当さが弱さの証 | トップページ | 向ヶ丘遊園:サンビリヤード »