« ビリヤード人口の増加 | トップページ | ブレイク時の目線 »

2009/08/07

捻ってキャノン

KMさんと撞いていたときのこと、9番は穴前だが、4番がどうにも邪魔なところにある配置(下図)。4−9のコンビは確実に外れるし、かといって4番を入れられる穴もない。KMさんは、セーフティーにするのかな、と思っていたら、キヤノンで決められてしまった。

090807

もちろん、キヤノンも確認してみた。が、普通に撞いた感じでは入らない厚みだった。それをKMさんは、4番にやや厚めに入れて手球を前に出し、さらにヒネリの回転で9番をポケットに向かわせたのだ。なるほど。捻ってコースを変えるというのがミソだ。見るとわかるのだが、実際にはイメージが出てこない。こういう球をパッと決められる発想って大事だな。


関連記事

|

« ビリヤード人口の増加 | トップページ | ブレイク時の目線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビリヤード人口の増加 | トップページ | ブレイク時の目線 »