« 錯覚してしまうサイドポケットからの出し | トップページ | 腕を振ってみる »

2009/08/31

久々の球撞きは疲れる

最近、あまり球を撞く時間がなく、長いこと撞くのは土日のどっちかくらい。すると、その日がものすごく疲れる。5時間以上撞くと、もう帰りはフラフラ。帰りに担いでいるキューケースの重さが、かなり肩にグッと来る。

ビリヤードって、あまり動いていないように思われるのだが、実際にやってみると結構体力を使う。もちろん、精神的にも疲れるものだから、その辺も影響しているのだろうが、それでも、思った以上に疲れるものだ。また、ビリヤードで使う筋力というのは、普段の生活の中であまり使うことがないように思う。だから、あまり撞いていないと、その筋力が一気に衰えてしまい、疲れに拍車をかけているように感じるのだ。体力を維持するためにも、ちょくちょく練習しないとなぁ・・・なんて思うわけだが、なかなか時間が・・・。撞き始めてからしばらくは球が入るのに、疲れてくるとまったく球が入らなくなったりして、あまりの違いに自分で笑ってしまう。


関連記事

|

« 錯覚してしまうサイドポケットからの出し | トップページ | 腕を振ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 錯覚してしまうサイドポケットからの出し | トップページ | 腕を振ってみる »