« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年9月

2009/09/29

サイドに入れて回してクッション際の球へ

サイドポケットに入れる球というのは、結構やっかいだ。ちょっと振りがあると、それだけで手球のラインが難しくなったり、結構入れミスしてしまうことがあったりと、本当に難しい。そして、サイドの穴前付近の球でさえ、入れるのは簡単なのだが、今度は手球のコントロールが難しくなったりする。とは言え、サイドをうまく使うとポジショニングが楽になるし、手球を走らせやすいという利点もある。例えば、的球がサイド付近にあって、その反対の長クッション際にネクストの球があった場合、僕は迷わず逆振りにして手球を回してポジショニングするだろう(下図:黒線)。順振りで回すと、次の球とキスする可能性も出てきてしまう。ところが、このコントロールが意外に難しかったりする。

090929

上図黒線のように、短くなって、クッション際に手球が止まってしまうことが多いのだ。次の球には、できれば「くの字」に出したい。そのほうが、次のコントロールがしやすくなるし、入れもかたい。なのに、手球の勢いが弱すぎて、への字になってしまうことがあるのだ。と、ちょっと強めに走らせると、今度はセンター付近よりも走ってしまって、次の球に薄くなったり・・・。微妙にコントロールしにくい球だ。

サイドポケットに入れて手球を走らせる場合、的球への振りが厚ければ、手球に逆を入れて短クッションから立たせる出しもある(上図:青線)。ただ、これは長クッションのコーナー付近に手球をワンクッションさせる必要があるため、ちょっと勇気がいる。サイドに的球を入れる際に、あまり押しを入れないで手球を前に出すというのは、かなりの自信がないとできないだろう。まぁ、練習すればいいのだが、やっぱりゲームの中では使いにくい。もっと的球が穴前に近いと、コントロールしやすいので逆を入れて短クッションから立たせるのも簡単だが、やや距離があると厳しいのだ。このように、サイドからの手球の動きは、力加減が微妙に難しい。この精度が上がってくると、かなり楽に取り切れる配置が増えるだろう。練習あるのみだな。

続きを読む "サイドに入れて回してクッション際の球へ"

| | コメント (0)

2009/09/24

簡単な球をトばすようになってしまった

シルバーウィークだったわけだが、そんなに球を撞いたという感じではない。最近、なんだかものすごく簡単な球をトばすことがある。簡単というのにもいろいろとあるのだが、本当に簡単な球。例えば、ポケットから的球までが2ポイント、そして的球から手球までが2ポイントくらいの距離の、入れごろな真っ直ぐな球なんかもトばしてしまう。あっと思ったときにコジってしまう。まるでビリヤードを始めたばかりのころのようだ。ちょっとフリがある球などは、ほとんどトばさないのだけれど、こういう簡単な球をトばしてしまうから問題だ。出しが完璧なのに、なぜかトばしてしまうのでまったく取り切れない。

ちょっと気持ちが入っていないのかもしれないなぁ。ある程度狙いをきちんとしなくてはいけない球は、構える前の段階から狙いを付けてストロークに入る。それがあまりにも簡単な配置だと、パッと構えてなんとなく惰性で素振りしてストロークしてしまっているのかも。簡単な球こそ、きちんと入れて、より簡単な場所に出す。これこそがビリヤードだと思うので、もう少し気合いを入れて球を狙わないといけないな。

続きを読む "簡単な球をトばすようになってしまった"

| | コメント (0)

2009/09/10

やっぱり薄くトばしたよ

ちょっと薄めの球を、サイドポケットに入れて逆ヒネリで回してくる球(下図)。どうも、この球の精度が低い。何度か練習して、思っているよりも薄くトばしてしまうとわかっているのに、やっぱり薄くトばしてしまう。先日、ゲーム内で同じような配置があったのだが、案の定、薄くトばしてしまい、ついでに手球はスクラッチしてしまった。そのとき、逆ヒネリのイメージが悪かったので、順で回したかったのだが、邪魔な球があったので逆でしか出せそうになかった。こういう状況があるからこそ、苦手な球を残しておいてはいけない。

090910

しかもこの球、逆の回転が短クッションでキュッと乗ってくれないと、手球がキレイに進んでくれない。だから、余計に逆を入れようとしてミスにつながるような気がする。もう少し、的球も手球も左にズレていて、押しを入れることができれば手球のコントロールは簡単なのだが、押しを入れずに逆だけで走らせようとするととたんに難しくなる。結局は、練習していいイメージを持たせなくてはいけないかな。

続きを読む "やっぱり薄くトばしたよ"

| | コメント (0)

2009/09/08

球で遊ぶ犬のムービー

ビリヤードの球で遊ぶ犬のムービーが、YouTubeにアップされていた(下ムービー)。かなりちゃんと球を弾いて遊べている。すごい。かわいいなぁ。ドゴアルゼンチーノかな? それともアメリカンブルドックかな? どちらにしろ、うちの犬(ボクサー)に似ている。この系の犬は、みな好奇心が旺盛で、こういう遊びをよくやるから面白い。

たぶんこの映像は、自宅のビリヤード台のものだと思うのだけど、犬がOKなビリヤード場ってないかなぁ。そしたら、うちの犬を連れて行くのだけれど。でも、ビリヤードの台くらいの高さなら、きっと飛び乗って大変なことになるな。それはそれで面白いのだけれど、きっとお店の迷惑になる。

続きを読む "球で遊ぶ犬のムービー"

| | コメント (0)

むち打ち

どうも最近は不幸に見舞われることが多い。

先日、あるイベントに顔を出すため、富士急ハイランドに行ってきたのだが、帰りの道でお釜を掘られてしまった。会社の後輩が運転していたのだが、信号待ちをしていたら、うしろからすごい勢いで乗用車が突っ込んできた。なんと、居眠り運転だったようで、ホント、ブレーキ音がしたと思ったら、すぐにぶつかった。結構、どっちの車も激しくつぶれていたのだが、大きなケガをした人間がいなかったのが救いかな。僕は助手席に乗っていたのだが、事故が起こったときにはそれほど体に痛みなどはなかった。ちょっと左耳のうしろのところをぶつけたので、そこが痛かったのだが、あとは大丈夫で、その日は病院に行くことはなかった。

が、次の日にベッドから起きようとしたら首が上がらない。病院に行くと、やはり軽いむち打ちのようだ。むち打ちは、そのときは出てこなくても、あとからジワジワ症状が出てくることもあるそうだ。事故の翌日は、首のうしろから肩にかけてが痛かったのだが、その次の日には首の前のほうが痛くなってきたりなど、少しずつむしばまれていく感じ。だいぶよくなっては来ているのだが、首を動かすと痛い。そんなわけで、接骨院に通ったりしている。事故後、まだ球を撞いていないのだが、体がぎくしゃくしそうだなぁ。いやぁ、車の事故って怖い、と改めて思ってしまった。気を付けましょう。

続きを読む "むち打ち"

| | コメント (0)

2009/09/04

腕を振ってみる

できるだけ入れを確実にするために、あまりテイクバックを取らないようにしていたのだが、最近、逆に腕を振ってみたりしている。なぜかといえば、腕を振らないでキュー先だけでパッと撞くと入れやすいのだけれど、普段から心がけていないと腕を振ってしまうのだ。例えば、ゲーム中に常に気を付けていないと、腕を振ってしまう。入れようと入れを重視するときはストロークを短くする意識が働くのだが、普段の状態では腕は振ってしまうものなのだ。だから、この振りにズレがあると、どうしても球をトばしてしまうことになる。なんか、文章がバタバタになってしまったが、どういうことかと言えば、どうせ腕を振るのだから、常にきちんと振れるようにしておくのがいちばんいい解決さくだと思ったわけだ。

実はほかにも理由がある。土方Pのストロークを見ていると、かなり腕を振る。結構難しい立てキューの球なんかも、スッとバックストロークして、バシッと真っ直ぐに振り抜く。これがカッコいいし、正確だ。常にキューを振り抜くというのは、見ているほうが圧倒される。細かく細かく撞く相手より、キューをバシッと出す相手のほうがやりにくい。そういう感覚になる。キューは振っても、難しい球は入るのだ。要は、練習して真っ直ぐに振れるようになればいいだけ。ということで、真っ直ぐ振り抜くことを意識しながら、キューを振って撞く練習を取り入れている。

続きを読む "腕を振ってみる"

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年3月 »