« やっぱり薄くトばしたよ | トップページ | サイドに入れて回してクッション際の球へ »

2009/09/24

簡単な球をトばすようになってしまった

シルバーウィークだったわけだが、そんなに球を撞いたという感じではない。最近、なんだかものすごく簡単な球をトばすことがある。簡単というのにもいろいろとあるのだが、本当に簡単な球。例えば、ポケットから的球までが2ポイント、そして的球から手球までが2ポイントくらいの距離の、入れごろな真っ直ぐな球なんかもトばしてしまう。あっと思ったときにコジってしまう。まるでビリヤードを始めたばかりのころのようだ。ちょっとフリがある球などは、ほとんどトばさないのだけれど、こういう簡単な球をトばしてしまうから問題だ。出しが完璧なのに、なぜかトばしてしまうのでまったく取り切れない。

ちょっと気持ちが入っていないのかもしれないなぁ。ある程度狙いをきちんとしなくてはいけない球は、構える前の段階から狙いを付けてストロークに入る。それがあまりにも簡単な配置だと、パッと構えてなんとなく惰性で素振りしてストロークしてしまっているのかも。簡単な球こそ、きちんと入れて、より簡単な場所に出す。これこそがビリヤードだと思うので、もう少し気合いを入れて球を狙わないといけないな。


関連記事

|

« やっぱり薄くトばしたよ | トップページ | サイドに入れて回してクッション際の球へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり薄くトばしたよ | トップページ | サイドに入れて回してクッション際の球へ »