« ジャパンオープン決勝! | トップページ | 来年のジャパンオープンも期待できる »

2010/03/22

クリアな球

僕はヒネリを使って手球を殺し気味にして、あまり走らせないような球を撞くことが多い。逆に、バシッと撞いて走らせるような球は苦手だ。が、ジャパンオープンの予選でものすごく感じたのは、結構バシッと撞く球を使わなくては勝てないということ。ヒネリなどはあまり使わず、厚みを合わせて真を撞く。手球のコントロールは、ヒネリの回転で微調整するといった小手先に頼るのではなくて、純粋に力の加減で調節する。そうすることで、入れミスも出しミスも少なくなるのだ。特に新ラシャの会場&試合という緊張感の中では、そうした球が有効なのだろう。と言っても、これがなかなか難しい。ポケットの真ん中から入れなくてはいけない。と言うか、ポケットの真ん中から入れるためにそうするのだけれど・・・。少しのズレが入れミスにつながるし、何よりも先球が安定しない。

ジャパンオープンの予選を観戦していて、強いプレーヤーはみな、バシッと撞きつつも先球が安定していることに気が付いた。僕も安定した先球を撞きたいと理想を追いかけていたが、それはヒネリでポケット方向に走らせるとか、入れやすい加減で撞くといった小手先にこだわってきていたのかも。どう撞いても、先球が安定しなくてはいけないのだ。よく、うまい人が撞いているとき、ガコガコとなってもカコンと穴に入ってしまうことがある。安定した先球は、なぜかスルリとポケットに吸い込まれるのだ。そして出てきた答えが「ノイズ」。ノイズのないクリアな球は安定しているという結論だ。手球に余計な方向の回転とか振動といったものがなければ、当たった球にもそうした要素が加わらない。逆を言えば、手球に余計なノイズがあれば、それは先球にも加わり安定したポケットにつながらないというわけだ。

どうしたらそんな球が撞けるのか? という答えも会場で見つけた。福本Pの球。芸術です、あの美しさ。手球や先球が本当に美しく転がる。だから、球はキレイにポケットされるし、手球のポジショニングも安定する。まさに理想の球質だ。ちょうど予選の会場にBOSSが来ていて、話してみるとなんと福本Pの応援にやってきたとのこと。聞いてみると、平行にキューを出すためにいまのストロークを自力で編み出したのだとか。福本Pのプレーを見る機会があれば、注目してほしいのだが、バックストロークの際にヒジがクッと下がる。これは独特だ。振り子のようにヒジを固定してキューを引くと、どうしてもキュー尻がアップしてしまう。すると、平行にキューは出ない。ヒジを下げることで、キューの平行移動を実現しているのだ。だから、余計なノイズが手球に乗らないわけだ。

僕はこれまで、コンパクトなスイングを心がけていた。コンパクトになって余計な動作が少なくなれば、おのずと余計なノイズも減るだろう。が、だからといって振り子のままキューを振るのでは、どうしても下方向の力が手球に加わってしまう。手球を撞く瞬間は台とキューが平行でも、それまで振り子の運動をしていれば、慣性の法則で下方向に力が加わってしまうわけだ。そんなわけで、この福本Pのストロークはさっそくマネしてみようと思う。あそこまで完璧に平行にならなくても、平行を心がけるようにすれば、ノイズも減ることになるだろう。ビリヤードを始めたばかりのころ、キューを平行に出そうと苦労していたのだが、ここ何年かはそのことをあまり意識しなくなっていたような気がする。もちろん、土手撞きなどのときは平行という言葉を意識するが、普段の状態では考えていなかったかもしれない。これはいけない。もっとクリアな球を撞くために、平行なストロークを心がけていかなくては。ゲームの中でもできるよう、体に覚え込ませていく必要がある。しばらくは、地味な練習でフォームを固めるところからスタートかな。

ジャパンオープンの決勝もそうだが、予選もいろんなプロの球が見られるので本当に楽しかった。多くの人の球やフォームなどプレーを見るということは、それだけ発見があることなのかもしれない。ちなみに、予選の会場には高橋Pもいた。憧れであり目標の高橋Pだ。勝者側で残っていて、待ち時間に練習をしていたのだが、カッコよかったなぁ(下写真)。そのとき、「僕がビリヤードを始めたきっかけは高橋さんなんです!」とか声をかけたかったけれど、なんかできなかった・・・残念。実はビリヤードを始めた当初は「打倒、高橋邦彦」がスローガンだったりしたのだが、ビリヤードを初めて半年で、その目標がどれほど高いか身にしみてわかったのだが・・・。さて、そんな高橋Pは、予選でものすごい入れを連発していたのだけれど、あの入れは技術なのか? こちらはなんだかまだわからないでいる。

100322

関連記事

|

« ジャパンオープン決勝! | トップページ | 来年のジャパンオープンも期待できる »

コメント

1年ほど前にケーブルTVのスヌーカーを見ていて、オサリバンが同じようにストロークするのを発見してから私もまねしています。以前よりも狙ったところに手玉を持っていけるようになり、ポケット率も上がったと思います。
でも、まだまだB級ですけど。

投稿: 永久B級 | 2010/03/23 09:24

おぉ、それはマネしなくては!

マスターするまでに時間がかかりそうですが、頑張ってみようと思います。

投稿: アライ | 2010/03/23 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャパンオープン決勝! | トップページ | 来年のジャパンオープンも期待できる »