« ダーツ:ヒジで狙う | トップページ | ほどよい投げやり感 »

2010/03/16

スリーポイントルール

今週末はジャパンオープンの予選&決勝だが、今回のジャパンオープンのブレイクでは「スリーポイントルール」というものが採用される。これは、「ブレイクショットにおいて、最低3個以上のボールがポケットされるか、ヘッドラインを越えなければならない。この際、手玉は数えない」というもの。例えば1個ポケットされたら、2個の球がヘッドラインを超えればいい。まぁ、通常のブレイクの力ならこの条件をクリアできるだろう。ソフトブレイクを禁止する名目というやつだ。ただ、サイドポケットの角に蹴られたりすると、3個超えないことがある。実際、先日土方Pが撞いたブレイクで超えない場面があった。もちろん、そのときはマックスではないがそれなりに強いブレイクだった。とは言っても、やはりラックシールなどを使ったラックの場合はコントロールが重要視されるそうだ。土方Pの場合は、8割程度の加減で撞いて、手球にややヒネリを入れて長クッションからセンター付近に向かわせる感じ。そして、1番が長ー短と走って、長クッション際まで来るのが理想とのこと(下図)。1個ポケットされていれば、1番がヘッドラインを超えているので、あと1個超える程度でいい。

100316

このとき、手球が厚く入ってしまってそのまま止まってしまっても、あまり走らなくて長クッション際に止まってしまっても、1番は狙える。マックスでブレイクしてセンター付近に手球が止まったにもかかわらず、取り出しが隠れていたり、手球がほかの球に弾かれてしまってファールになる・・・といった不運を避けられるのだ。と、書いているとすごく簡単そうだが、1番をこのくらい走らせるとなると普通の人は結構なパワーが必要になる。土方Pだからこそ、この力加減で撞きつつ手球をコントロールできるのだ。僕の場合は、ほぼマックスでこんな感じかな。土方Pは、このブレイクを海外の試合でものすごくやられてしまったそうだ。海外で試合をして、コントロールするブレイクの重要性を知ったとのこと。きっとジャパンオープンでもこのブレイクをするだろう。その辺を踏まえてジャパンオープンを観ると楽しいかもしれない。

ちなみに、今回のジャパンオープンはtwitterのつぶやきで速報を手に入れられそうだ。@onthehillhillさんもつぶやくという。で、ハッシュタグは「#japanopenpool 」。twitterをやっている人は、このハッシュタグで予選の結果速報なんかもわかるかもしれない。ちなみに、僕もこのタグを使ってできるだけつぶやいてみようと思う。


関連記事

|

« ダーツ:ヒジで狙う | トップページ | ほどよい投げやり感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダーツ:ヒジで狙う | トップページ | ほどよい投げやり感 »