« サイドに入れて回してクッション際の球へ | トップページ | twitter »

2010/03/06

少しずつ再開します

「再開」が「再会」と変換されて、ああ、このブログを読んでいただいていた多くの人ときちんと再会できるのだろうか・・・なんて、ちょっと感傷的になってしまったのだが、再開します。

約半年ぶりくらいでしょうか・・・いろいろありまして・・・。

とは言っても、球は続けているし、時間を見つけては日々練習にも取り組んでいたりする。上達したか? と言われると微妙だったりするが、まぁ、自分が思い描いていたA級には近づいているように感じる。最近は、球の配置とか技術的な部分よりも、精神的というか考え方というか、そういう部分で球に役立つことを見つけていたりもする。もちろん、技術というのは大事なもので、それこそ精進して研ぎ澄ませていかなくてはいけない。けれど、その技術をより優れたものとして引き出すために必要なのが、撞く際の気持ちだったり取り組み方だったりするのだと思うのだ。特に仕事が忙しくなってきたこの半年前くらいからは、いろんな分野の人と話をしていろんな視点の話を聞けることが多くなって来た。それはそれで面白いインタビューページにしようと記事にするわけだが、自分の中でその人の考え方とか物の見方を消化して、取り込んでいこうとも考えていたりするのだ。と、だから具体的に何? とか言われると困ってしまうのだが、そういう漠然としたものも、少しずつ紹介できたらいいなと考えている。

ちなみに、ダーツもはじめました。これが、思った以上にビリヤードと似ているところがあって、なかなか面白くてはまっちゃっている。基本的な考え方とかフォームの作り方がビリヤードと似ているので、きっとビリヤードがうまい人は、すぐにうまくなるものだと思う。と言うことで、ただいまメキメキ上達中(?)のダーツについても、このブログで取り上げていこうかなと考えている。球撞きの視点から、ダーツを考察してみよう。そのうちブログのタイトルも「なんでダーツってこんなに難しいんだろう」、略して「なんダー」になるかもしれない。・・・わけはない。やっぱりビリヤードのほうが面白いかな。


関連記事

|

« サイドに入れて回してクッション際の球へ | トップページ | twitter »

コメント

ご無沙汰しております!
ずっと更新なさってなかったので
またどこか体調崩されたのかなとか、
はたまた玉やめてしまったりとか・・・余計な心配しつつ(笑)、
たまに過去記事読ませてもらって
勉強させてもらったりモチベーションあげさせてもらったりしてました。

最近自分もダーツ始めまして
玉くらいガチではやってないんですが
ちょろっとやっちゃってます。
なので『球撞きの視点からダーツ考察』、楽しみにしてます!

あ、優勝おめでとうございます!

投稿: И(元:ゐぬ) | 2010/03/09 00:00

あ、さっそくありがとうございます!
これからもよろしくです。

ダーツと球って考え方が似ているように思うので、きっと参考になると思います。

投稿: アライ | 2010/03/09 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイドに入れて回してクッション際の球へ | トップページ | twitter »