« 優勝してしまった | トップページ | iPhoneから更新できる »

2010/03/09

ダーツ:グリップの話

ビリヤードの練習の合間を縫って、ダーツの練習にも励んでいる。いわゆる、二足のわらじとういやつだ。でも、やるからにはきちんとやりたいから、一応、それなりに練習している。ダーツを投げ始めて半年ほど経つが、やっとフォームが決まってきたように思う。基本的にクローズドスタンスだ。横にした体のラインが、そのまま真っ直ぐダーツボードに向かうような位置に立つ。結構、映像などを見て真似しようかなと思ったのは、えぐちょPだ。

いろいろと悩んでいたのだが、最後まで決まらなかったのがグリップ。これはいまでも気をつけていないときちんと持てないことがある。僕はややダーツの前目を持つのだが、人差し指の第2間接にちょうどダーツの重心がくるように真っ直ぐ合わせる。そのままぐるっと指でくるむのだが、親指の位置がいつも問題だった。スッとそのまま握ると、一定の投げ方ができないのだ。人差し指の第2間接に、親指の第1間接を合わせるようにするといい。で、感覚的には親指の上にダーツを乗せるようにして投げるといい。親指は、いわゆる「グー!」をしている状態だ。このグリップにしてから、かなり調子がよくて、01は70前後だったのが、90くらいがコンスタントに出るようになった。といっても、まだレーティングは7.91だけど・・・。ビリヤードは仲間が多いけど、ダーツはあんまり知り合いがいなくて人とやらないので、全然レーティングが上がらない。ま、地道に上げて行こう。

ただいまのレーティング:7.91


関連記事

|

« 優勝してしまった | トップページ | iPhoneから更新できる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優勝してしまった | トップページ | iPhoneから更新できる »