« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/28

ハイブリッドアルファシャフト入手

Mezzのハイテクシャフト「ハイブリッドアルファ」を手に入れてしまった。東京プール&キュー(TP-CC)にラジアルピン用の入荷について問い合わせをしたところ、もうすぐ入荷するとのことだったので、なんとなく運命を感じて購入。昨日入手し、さっそく1日撞いてみた。その後、軽くニスを剥がしてタップをカムイブラック(M)に付け替えた。実は、ACSS PROからノーマルシャフトに戻した際、もうハイテクシャフトは使わないかなと思っていたのだが、Mezzのハイブリッドアルファは、これまでノーマルで撞いていた人も扱いやすいハイテクシャフトだと聞き心が揺らいでいたのだ。ACSS PROの頃もそうだったし、昔、Mezzのキューを使っていたときも感じていたのは、入れだけならハイテクのほうが入れやすいということ。特に最近、ボーラードを練習に取り入れてから、この「入れ」というもののシビアな部分について重く考えるようになった。より確実に入れるためには、やはりハイテクなのかなとも思っていたわけだ。

以前、「ハイブリッドアルファシャフト」という記事で述べたが、今回購入して撞いてみた感想はほぼそのときと変わらない。押し引きは軽く撞いてもキレるし、ヒネリの乗りもいい。見越しはややあるから合わせやすい。打感も柔らかくて撞きやすい。が、テーパーが真っ直ぐで棒で撞いている感覚がある。というもの。ところが、Dan Dishawのバットとの相性は、思ったほど悪くはなかった。ハイテクシャフトは、もっと芯のしっかりしたバットにしか合わないような気がしていたのだが、そうでもない。もともとこのシャフトは打感が柔らかいので、ガツンと重い感じがしないのだが、それがノーマルシャフトに近い感覚を生み出しているのかも。

このシャフト、驚くべきは先球の安定感。これだけで買ってよかった。バシッと撞いても、手球と当たった先球が浮くことなくキレイに走る。だからブレることなくポケットに吸い込まれるように入るのだ。これが、キューを立ててバシッと撞いても、安定するのだから不思議。この感覚は、Mezzのエアシューターを使ったときの感覚に似ていた。エアシューターは、ジャンプした手球が当たった先球が、なぜか安定して走る。あまり浮くことがないのだ。これって、道具を製作する技術でなんとかなってしまうことなのだろうか? その辺はわからないが、「Mezzすげぇ!」と思ってしまった。だから、自信を持ってキューを出せる。Dishawのバットに合わせたところ、バット自体が軽めであるために、あまりシャフトにパワーを感じられなかったのだが、ノーマルよりもキューをバシッと出せるぶん、パワーアップが可能だ。いちばん入れやすい力加減が、よりアップするのだ。

ただ、手球のラインがノーマルとはまったく異なるので困ってしまっている。特に順引きのラインが違う。ハイブリッドアルファのほうが、横に開いてしまうのだ。いまいちヒネリが乗り切らない。ところがこれは、実際には、撞き方の問題。順引きのとき、ノーマルだと少し斜めにキューを入れたほうが見越しが合わせやすくてキューがキレる。が、これをハイブリッドアルファでやると、あまり横の回転が乗らないのだ。ハイテクは、ちょっと斜めにキューを入れたとき、横の回転が手球に入らない。だからきっと見越しがなくなるのだとは思うのだが、それがノーマルとは異なるので難しい。キューを平行にして順下の撞点を撞けば、ノーマルの手球と同じような回転になるのだが、それをいまからマスターしなくてはいけない。ヒネるときもそうなのだが、撞点を平行移動させて撞くというのは、理屈はわかっているのだが、素振りをしている時点で全然違うところに向かって撞くわけで、すっごく恐い。まずはここを慣れないと。

とは言うものの、このハイテクシャフトにしようと思った最大の理由は、ヒネリをできるだけ使わないようにしたい、というもの。球なりでキレイに取り切ることができれば、入れるだけならハイテクのほうが断然いい。それこそが究極に確実なプレーになるわけだ。見越しがないからヒネリが恐くない、という理由でハイテクを使いたいわけではないのだ。単純に入れが確実だから。特に真撞きや押し引きだけの撞点で撞いたときの入れ。これをより確実にするするために、日々練習に取り組んでいこうと思う。

続きを読む "ハイブリッドアルファシャフト入手"

| | コメント (0)

2010/04/27

浦岡Pの片手ドロー

なんかもうすごすぎるから載せておきたい。

続きを読む "浦岡Pの片手ドロー"

| | コメント (0)

サイドの穴前でも無理は禁物

サイドの穴前付近の球は、入れが簡単だと勘違いしがちだが、実はちょっとフリがついているとトばしてしまうことが多い。なんだかきちんと狙いを付けずに適当に撞いてしまい、「あっ!」とトばした経験は誰しも持っているだろう。そして、入れが簡単ではないのだから、無理にヒネって出すということもやめたほうがいいのだ。よくやってしまうのは、逆フリになってしまっている球を無理やりヒネって出そうとして、トばしてしまうこと(下図:黒線)。逆を切るために入れに不安があり、それがミスとして出てきてしまうのだ。先日、このようなミスを2度ほどやってしまった。サイドの穴前だからと気を抜かずに、きちんと狙って撞かないとダメだ。

100427

このサイドの穴前の球だが、実は順で走らせたほうが入れも出しもうまくいくことが多い(上図:青線)。もちろん、邪魔な球があるときなどは無理だろうが、それでも、手球のコースの選択肢として意識して撞かなくてはいけない。しかも、こうした配置の場合は、穴前とはいえ、ある程度のフリがあるので、結構軽く手球を走らせることができる。だから、コントロールもしやすいのだ。特に試合などでは、より確実に球を入れていく必要がある。そういうときに選択ミスをしないためにも、しっかりと気を付けなくてはいけないな。

続きを読む "サイドの穴前でも無理は禁物"

| | コメント (0)

2010/04/23

中途半端な出し

よくやってしまうミスが、どっちにしようか迷ってしまってなんとなくそのまま撞いて出しミスしてしまうというもの。イメージが固まらないまま撞いてしまうのだ。例えば、なんとなくアンドセーフティー気味で入れにいくと、的球をトばしてしまううえに、まったくセーフティーにならずに見えてしまっているというパターン。入れるなら入れる、セーフティーならセーフティーがいい。アンドで行くなら、入れるほうも手球の動きも集中して撞く必要がある。なんとなくアンド・・・がいちばん悪いのだ。そんな中途半端な出しミスをボーラードでやってしまった(下図)。ちなみにボーラードなので、実際は的球の順番は関係なく、ランダムだし、周りにほかの球も転がっていたりする。

100423

図にもあるが、1個所だけトラブルっぽいところがあった。2つの球が重なっていて、近くのコーナーポケットは狙えない。また、唯一狙える右下のコーナー(図で)へは、手球を狭い場所に止める必要があった。さて、ここで、1番を入れて2番に出そうかな? という配置があった。押しでワンクッションさせて出そうと思っていたのだが、ここでトラブルを崩してしまおうかなという考えもあった。また、やや引き気味にワンクッションさせれば、狭い位置に手球を止めて、トラブル気味の球を右下のコーナー(図で)に狙うことが可能だ。そんな3つの選択があったのだが、押しのワンクッションでは、そのままトラブルが残ってしまう。手球を当てにいってトラブルを解消するとなると、当たり方によっては、次が難しくなりそうだ。図でいう4番に厚めに当てたいところだ。そして狭い場所へのポジショニングは、ミスしたときにリカバリーできる可能性が低い。

ということで選択した方法は、4番に軽く当たる力加減でトラブルを解消するというもの。4と3が少し離れてくれて、そのまま2番が狙えればOKというやつだ。が、弱めに撞く必要があったために引きが甘くなり、逆に4番に隠れるかたちになってしまったのだ。これではお手上げだ。ほかの球を狙うこともできない。トラブルを解消するなら、やや押しの順でワンクッション入れて、裏から強めに当てるべきだった。このほうが、4と3の残り方もいいだろう。で、ここでトラブルを解消しないのなら、素直に押しでワンクッションさせて、2番に出したほうがよかった。なんとなく中途半端に崩しにいってしまった結果、ミスを招いたのだ。こういうちょっとした選択ミスが、ビリヤードは死活問題になることが多くて難しい。ひとつひとつ覚えていかないとな。

続きを読む "中途半端な出し"

| | コメント (0)

2010/04/21

撞きづらNG

ボーラードを練習に取り入れてから、全体的な入れが安定してきた。遠くなければ、かなり薄い球でも自信を持って入れられる。だからこそ、なのだが、撞きにくい場所に手球を持っていかないように注意するようになった。普通に構えてストロークできるのであれば、結構難しい球でも入れられる。が、これが撞きにくい球だったりすると、結構簡単な球でもトばしてしまう。しかも、こういう状態のときは、ポジショニングも難しい。

これまでも、クッションタッチしないように、といった感じで、撞きにくくならないようなポジショニングを心がけていた。しかし、それでも思った以上にほかの的球が邪魔になったりして、撞きにくい場面があった。ビリヤードとは不思議なもので、簡単な配置でも、いつもよりもヒジを曲げないと構えられないといった場面では、トばしてしまうことも多いのだ。そんなわけで、いまは撞きにくくならないように気を付けている。これは、次の球を実際に撞くところまでイメージしなくてはいけない。手球の止まる場所だけじゃなくて、その先の構える段階まで予測するということだ。より多くのことを予測してイメージするというのは、いつまでたってもビリヤードの上達には必要なのだと思う。

続きを読む "撞きづらNG"

| | コメント (0)

2010/04/18

ダーツ:サイン入りになったライブカード

先日、AKB48の小野恵令奈さんに取材をする機会があった。いやぁ、ものすごく変わっている。とっても面白くて可笑しい子で、これからが楽しみだ。と、そんな彼女のプロフィールに、「趣味はダーツ」とあったので、ちょっとダーツの話をしてみた。最近は忙しくてあまりダーツをやれていないようだが、いろいろと楽しい話をしてくれた。というわけで(?)、ライブカードにサインをもらってしまった。

100418

ダーツ人口は結構多いからなぁ・・・こういう出会いはありがちだ。が、まだ「趣味はビリヤード」という人に仕事で会ったことはないなぁ・・・。いつか仕事で会った人と球を撞いてみたい! と思っているのだが、なかなかなさそうだな。

ただいまのレーティング:7.94

続きを読む "ダーツ:サイン入りになったライブカード"

| | コメント (0)

2010/04/17

まだこんな球撞いてる・・・

結構、長いこと球撞いているし、それなりに練習もしているし、一応Aクラスだ。でも、なんでこんなに球が入らないのかな? ということがある。それはきっと気持ちの問題が大きいと思う。技術的に突然その日だけ落ちてしまうというのも考えにくい。球が見えないとかキューが出ないとかそういう部分はあると思うが、それにしても簡単な球もトばしてしまうというのは、気持ちが入っていないからだ。が、その気持ちを入れて球を入れよう入れようとすると、さらに球が入らなくなる。先日、ホントにここ何年かでもほとんどないくらいに球が入らなかった。こういう状態から、いつもの状態に持って行く有効な方法ってなんだろう? この、気持ちの持って行き方がこれからの課題かな。常にそれなりの球を撞くための強さを手に入れなくては。

続きを読む "まだこんな球撞いてる・・・"

| | コメント (0)

2010/04/13

サイドに狙う球

ボーラードでは、やや角度がありサイドポケットに入れるのが怖い球でも、サイドに狙うことが多い。球をあまり動かさずにポジショニングできるから、厚めに狙えるためだ。また、サイドに入れながらポジションしたほうが、取り切りやすいという理由もある。例えば下図のような配置の場合、1を入れて軽く走らせて2をサイドに入れるだろう(下図:黒線)。もちろん、残りの球が3個だけという状況なら変わるかもしれないし、周りに残っている球の配置などで変わってくる。ただ、ボーラードはサイドを意識して組み立てることが多いということだ。

100413

が、これが9ボールとなると話は別だ。おそらく同じ配置でも、逆押しを入れて2をコーナーに取るようなポジショニングをするだろう(上図:青線)。もしサイド狙いに行って、薄くなってしまったり逆フリになってしまっては、入れつつ3に出すのが難しくなる。ちょっとポジショニングをミスしたとしても、手球をセンター付近に残したほうが、2から3への入れも出しも楽なのだ。この辺りの取り方の違いが難しい。より簡単な入れを続けるボーラードと、わざとフリを付けてポジショニングに重点を置く9ボール。考え方もプレースタイルも異なるものなのだ。

と言っても、面白いのは入れるという点では同じだということ。ボーラードのような簡単な球を入れ続ける練習をしていると、なぜか薄い球も入るようになる。いざ9ボールをやってみたとき、わざとフリを付けても、それほど恐くないのだ。最近は、ボーラードばかり練習に取り入れているが、それによって9ボールでの入れも安定してきた。ちなみに、また7連続ストライクが出た。が、今回は球2個入らない、狭い穴の台だったので、いい感じかも。

続きを読む "サイドに狙う球"

| | コメント (0)

2010/04/10

キュー先がお辞儀する

ボーラードを始めてから、手球の中心付近を撞くようにしている。が、それでも簡単な配置をトばすことがある。原因は、キュー先がお辞儀するように下がってしまうためだ。きっとあまりこうした中心付近の撞点を撞き慣れていないからかもしれない。ただ真っ直ぐキューを出せばいいだけなのに、小手先で動きを加えてしまうのだ。引き球でキュー先を下にコジってしまうのはわかるが、それがやや上の撞点になる押しでもやってしまう。手球を上からたたく感じだ。これでは入れが安定しないわけだ。というか、きっと全体的にまだまだ真っ直ぐにキューを出すということが徹底されていないような気がする。何年やってんだよ・・・と、自己嫌悪だったりして。手球の中心付近を、真っ直ぐにキューが出るように撞く、という基本中の基本を、もっとしっかりと意識して撞いていこう。

続きを読む "キュー先がお辞儀する"

| | コメント (0)

2010/04/07

ダーツ:大改造

ダーツでもいろいろと教えてもらっているAKさんと久々に投げた。AKさん、ビリヤードもダーツもA級で、どちらも勝てない・・・。そんなAKさんからいくつかアドバイスが。AKさんもいろいろな人に教わったことらしいので、きっとダーツ初心者には参考になるだろう。

●グリップの握りを見ない
ダーツを握る際、僕は同じところを握ろうとして、いつも見ながら握っていた。そうすると、ダーツを投げるたびに目標である的(BULLなど)から目線が外れてしまう。1本目のあと、2本目の軌道を修正しようと思っても、目線を外してしまうためにうまく修正できないのだ。人間の感覚というのは優れているので、見なくても、だいたい同じところを握れるようになるという。その通りだ。しばらく投げていると、うまく握れている/握れていないという感覚の違いは、見なくてもわかるようになってきた。また、全体を感覚で投げることにより、BULLに入るときのイメージをつかみやすい利点もある。

●立ち位置を右にする
僕はこれまで、クローズドスタンスの前に出す足(右足)のかかとが、BULLから引っ張ってきたセンターラインに乗るように構えていた。そのまま真横になって投げれば、肩の位置がセンターラインに来るのだ。が、これにはちょっと無理があった。人間の体というのは、構造上も真横に真っ直ぐ腕は振れないものなのだ。また、僕の場合は左目が利き目なので、顔の位置を無意識に右方向に寄せてしまうという問題もあった。結果、投げる際に腕を右方向にはらう感じになってしまっていたのだ。が、これは安定しないに決まっている。右方向に矢がズレることが多い。そこで、体を右側に寄せて立つといいと教わった。前に出す足(右足)のつま先がセンターラインに乗る位置だ。すると、的を見たとき、左目がセンターラインに乗り、BULLに近くなる。すごく狙いやすい。そして、ちょっと右側からクロスするように矢を投げるイメージになる。センターラインよりもやや右から、BULLに向かって斜めに矢が進むイメージだ。これだと、腕は左方向に振ることになるので、楽に真っ直ぐ下ろす感じで大丈夫。余計なはらいなどのコジリがない。

●矢を離すタイミングを早めに
これまで、矢を狙った場所に真っ直ぐスパッと投げ込んでいたのだが、これでは力が入ってしまうしやはり安定しない。ビリヤードでいうところのハードショットと同じで、力が入るとズレも大きくなる。やはり、ダーツもできるだけ力を抜いたほうがいい飛びになるのだ。それには、リリースポイントを早めにすること。やや山なりに矢が進むことになる。僕のイメージとしては、バスケットに3ポイントシュートに近いかな。タイミングを合わせてスッとBULLまでの軌道に矢を乗せてやる感じだ。すると、ほとんど余計な力が入らずに、キレイに矢を飛ばせる。ただ、これは以前からわかっていたことなのだが、なかなかできずにいた。矢をかなり上のほうに投げる感覚なので、どうもBULLに入るようには思えないのだ。入ったとしても気持ち悪い。ただ、これはこの感覚に慣れていくしかない。同じ軌道で飛ばせるようになれば、きっとその感覚がBULLへの感覚となって身に付くのだろう。

さて、こんな感じでいろいろと変更したので、また投げ込んで覚えていかなくてはいけない。ちなみに、シャフトも短くした。これまで330のロングタイプだったのだが、260になった。ロングのほうが飛びは美しいけれど、ちょっと短めのほうがやっぱり安定するかな。ということで、しばらくは練習あるのみだ。

ただいまのレーティング:7.92

続きを読む "ダーツ:大改造"

| | コメント (0)

2010/04/06

×××××××

いきなり変なタイトルを付けてみたのだが、何かといえばストライクの数。現在、ボーラードの300点を目指すべく頑張っているのだが、先日、7フレーム連続ストライクが出た。これまでの記録は6フレーム連続だったので、記録更新だ。で、300点まではもうすぐだと一見感じてしまうのだが、実はまだまだ遠い。それは10フレームにパンチアウトというものが残っているから。ボーラードで300点を出すということは、12フレーム連続でストライクが必要なのだ。ということは、やっと半分を超えたくらいということ。遠いなぁ・・・。

例えば2フレームに1回ストライクを出す人がボーラードをやった場合、確立では128回(2の7乗)に1回は7フレーム連続ストライクが出せる計算だ。それほど難しい数ではない。が、これが12フレーム連続となると2の12乗で4096回に1回となる。まぁ、出ないだろう。それほどまでに先は遠いということだ。が、計算上だと、3フレームに2回ストライクが出せるようになれば、約130回(1.5の12乗)に1回くらいの確立で300点が出ることになる。こう考えると行けそうな気もする。まぁ、いまはもう少しボーラードの取り方を学びながら、確実に球を入れる力を身に付けていかないとな。きっと300点出したら、何か大きく変わると思って頑張りたい。

続きを読む "×××××××"

| | コメント (0)

2010/04/05

頑張ったマスワリ・・・だけど

クラウドでMさんと相撞きしたときのこと、結構頑張ったマスワリがあった(下図)。2から3、3から4、4から5といった序盤は、微妙な手球コントロールが必要な難しい配置。2から3は、8番をかわしつつ、狭いコーナー付近を2クッションさせてポジショニング。3から4は、7番と6番にキスしないよう、きっちりとセンターを通してポジショニング。4から5は、9番に軽くキスしたけど、うまく5と9の狭い間を通してポジショニングという感じだ。ここまでは本当によかった。自分でもビックリするくらいの完璧なポジショニング。問題は5番以降の取り方だ。

100405_2

5から6で、手球を動かすのが怖くて引いてしまった。その結果、6番には逆フリに。順引きでうまく7番に出すことはできたが、やや距離があったために8番への引き加減をミスしてしまった。結果、8番にやや薄めになり、無理やり大回しで9番にポジショニングして取り切った。6番に対して、順フリになっていれば、もっと楽に取り切れただろう。5番はうまく入れられたものの、立てキュー気味にして引くというのもリスクが大きい。やや押し気味に入れて、ワンクッションさせて6番にポジショニングしたほうがよかった。順フリなら、6番にやや薄めになっても、7番はサイドポケットに入れるように手球を出せばいいし、組み立ては楽だっただろう。難しい配置を取り切ったことはよかったのだが、的球が少なくなってきてからの組み立ての悪さは簡単なミスにつながってしまう。もっと確実に取り切れるようなポジショニングを心がけなくてはいけないな。

続きを読む "頑張ったマスワリ・・・だけど"

| | コメント (0)

長クッション側のワンクッションが入らない

先日、ハチミギの懐かしいメンバーが集まったので、軽くトーナメントをやった。4先のMCさんとの試合は、連マスを出されるなど0−3に。その後、2つ返して追いつくと思いかけた8番から9番でミスしてしまった。8番はやや逆を切って長クッションに入れて9番に出そうと思ったのだが(下図:青線)、8番が思ったよりもクッションから浮いていたこと、さらには手球が薄めに入ってしまったことなどが重なり、手球はワンクッションせずに真っ直ぐに走りすぎてしまったのだ(下図:黒線)。結局、この9番をトばしてしまって敗れてしまった。

100405

この球、同じようなミスをしてしまうことが多い。長クッションにワンクッションしようと思ったのに、クッションせずに手球が走りすぎてしまうのだ。最初から、長クッション際を真っ直ぐ走らせるように撞けば、それほどミスをすることはない。ただそれだと、クッションタッチが怖いので、いったんワンクッションさせたいのだ。が、球への厚みがズレたり、思ったよりもヒネリが入らなかったりして走りすぎてしまう。特に的球がクッションから浮いているときは、その浮き加減をよく確認しなくてはいけない。浮きすぎているときは、無理にいったんクッションさせようと逆を切るよりも、クッションから真っ直ぐに走るように厚みに気をつけて狙ったほうがいいときが多いのだ。取り方をセオリーに合わせようとしすぎてしまうのかもしれない。それはそれで大事なことなのかもしれないけれど、自分に合った取り方というのもあるだろう。

続きを読む "長クッション側のワンクッションが入らない"

| | コメント (0)

2010/04/02

なんでヘタになるのだろう?

最近は、ちょくちょく時間を見つけては、練習している。トータルの時間はそれほど長くないかもしれないが、練習する頻度は結構多い。が、なぜかこうなると、どんどんヘタになっているような気がするからビリヤードは不思議だ。いや、実際ボーラードのストライクの数なんか減っているし、きっとヘタクソになっているのだろう。撞いているのに、球が入らなくなる。いわゆるスランプというやつだ。が、こういうことは何度もあって、ここを頑張って撞いていると、急にうまくなることがあるのも知っている。だから、我慢して練習しなくては。

実はいま、ダーツもスランプ。と言っても、こちらはビリヤードに時間を割くようになったため、練習不足が原因。しばらく撞かなくても、ビリヤードの感覚は結構すぐに戻るけど、ダーツはそういう感じじゃなくて難しいな。まぁ、まだフォームなどが確立していないからなのかもしれないが、久しぶりに矢を投げると、全然BULLに入らない。でも、久々に矢を投げたら、なんとなくビリヤードのときのリズムが早くなっていると気が付いた。ダーツのリズムと球のリズムを合わせるようにすると、ビリヤードのほうのリズムをゆっくり目にする必要がある。球をトばす原因は、ここにあるのかもしれない。ゆったりと球を狙って撞くように心がけてみよう。

続きを読む "なんでヘタになるのだろう?"

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »