« ダーツ:大改造 | トップページ | サイドに狙う球 »

2010/04/10

キュー先がお辞儀する

ボーラードを始めてから、手球の中心付近を撞くようにしている。が、それでも簡単な配置をトばすことがある。原因は、キュー先がお辞儀するように下がってしまうためだ。きっとあまりこうした中心付近の撞点を撞き慣れていないからかもしれない。ただ真っ直ぐキューを出せばいいだけなのに、小手先で動きを加えてしまうのだ。引き球でキュー先を下にコジってしまうのはわかるが、それがやや上の撞点になる押しでもやってしまう。手球を上からたたく感じだ。これでは入れが安定しないわけだ。というか、きっと全体的にまだまだ真っ直ぐにキューを出すということが徹底されていないような気がする。何年やってんだよ・・・と、自己嫌悪だったりして。手球の中心付近を、真っ直ぐにキューが出るように撞く、という基本中の基本を、もっとしっかりと意識して撞いていこう。


関連記事

|

« ダーツ:大改造 | トップページ | サイドに狙う球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダーツ:大改造 | トップページ | サイドに狙う球 »