« 長クッション側のワンクッションが入らない | トップページ | ××××××× »

2010/04/05

頑張ったマスワリ・・・だけど

クラウドでMさんと相撞きしたときのこと、結構頑張ったマスワリがあった(下図)。2から3、3から4、4から5といった序盤は、微妙な手球コントロールが必要な難しい配置。2から3は、8番をかわしつつ、狭いコーナー付近を2クッションさせてポジショニング。3から4は、7番と6番にキスしないよう、きっちりとセンターを通してポジショニング。4から5は、9番に軽くキスしたけど、うまく5と9の狭い間を通してポジショニングという感じだ。ここまでは本当によかった。自分でもビックリするくらいの完璧なポジショニング。問題は5番以降の取り方だ。

100405_2

5から6で、手球を動かすのが怖くて引いてしまった。その結果、6番には逆フリに。順引きでうまく7番に出すことはできたが、やや距離があったために8番への引き加減をミスしてしまった。結果、8番にやや薄めになり、無理やり大回しで9番にポジショニングして取り切った。6番に対して、順フリになっていれば、もっと楽に取り切れただろう。5番はうまく入れられたものの、立てキュー気味にして引くというのもリスクが大きい。やや押し気味に入れて、ワンクッションさせて6番にポジショニングしたほうがよかった。順フリなら、6番にやや薄めになっても、7番はサイドポケットに入れるように手球を出せばいいし、組み立ては楽だっただろう。難しい配置を取り切ったことはよかったのだが、的球が少なくなってきてからの組み立ての悪さは簡単なミスにつながってしまう。もっと確実に取り切れるようなポジショニングを心がけなくてはいけないな。


関連記事

|

« 長クッション側のワンクッションが入らない | トップページ | ××××××× »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長クッション側のワンクッションが入らない | トップページ | ××××××× »