« Break Speed | トップページ | サイドを逆にとる »

2010/05/29

小指に注意!

ちょっとハードなショットでトばすことが多かった。特にロングのドローの安定度がイマイチ。その原因がわかった。今日、フォーレストでプイさんから指摘が。「特にロングのドローのときに、小指をグッと握り込んでしまっていますよ」とのこと。小指を握り込んでしまうと、キューを巻き込んでしまうためにコジってしまうのだ。実は、これはすごく気をつけていたこと。だからこそ、僕はストロークでは、グリップを中指と薬指だけで握っている。なのに、力が入ってしまうときに、小指を握ってしまっていたのだ。これはいけない。そこで、小指を使わないようにすると、ロングのドローでも気持ちよく真っ直ぐにキューが出るようになった。

フォームを作るにあたって、小指は使わないストロークをマスターしたはずだったのだが、ブレイクをするときは力を入れるために小指を使うようにした。ここが問題だった。そのままそれが、通常のストロークのときにも出てきてしまったのだ。これはまた、気をつけてストロークしないと・・・。いっそのこと、小指を詰めてしまうか、とちょっぴり考えたが、右手の小指は「return」キーを押す指なので仕事に差し支える・・・と思ってやめた。プイさんに、はじめから小指を内側に曲げてしまって、そのままグリップを握って小指を使わないようにしている人もいると聞いたが、それだと今度は小指の爪の部分がグリップに当たって振りにくい。やっぱり、ストロークの際に注意するしかないわけだ。


関連記事

|

« Break Speed | トップページ | サイドを逆にとる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Break Speed | トップページ | サイドを逆にとる »