« Ustream | トップページ | iPhoneアプリ »

2010/05/24

C級&ビギナー戦を観て

昨日は、クラウドのC級&ビギナー戦だったわけだが、決勝をUstreamで流すとした件。確実に失敗。セッティングなどはできたのだが、いかんせん電波が悪かった・・・。だから、映像がキレキレ。ソフトバンクの電波がよくなることに期待をするか、クラウドの無線LANアクセスポイントを使わせてもらうしかないな(あるのかな?)。と、そんなC級&ビギナーの決勝は、結構盛り上がったと思う。やっぱり決勝とかベスト4くらいに残っている人というのは、いくらC級戦とはいえ、相当うまい。きちんといくつかの球を取りきれる。実際、このクラスになれば、いつでもB級だと言えるレベルになっているわけだ。

こういう感じで、下からどんどん上がってくるんだよ。と、感じた。すぐにどんどんとうまくなる。もちろん、A級になるというのは、そんなに簡単なことではないし、時間も必要だろう。でも、きっと、真剣に球に取り組んでいれば、いずれ追いつかれてしまうわけだ。そのとき、そこで差がつくのは、技術的なものじゃないのかもしれない。どれだけストイックに球に取り組んだか。そこがなんだか最近足りないような気がする。昔はほんと、バカみたいに同じ練習を繰り返していたけど、そういう感覚がないかな。それなりに練習をしていはいるが、ただ練習をしているだけで、練習の中で入らないからどうしようとか、こうしたらもっと・・・というものが少なくなってきた。もっともっといろいろ考えてやっていたころはあったはずだ。なんか、甘いな。

と、そんなことを考えていたわけだが、C級&ビギナー戦の途中、僕がペン回しをしていたら、土方Pがものすごく食いついてきた。「どうやるんですか? 教えてください!」と。で、真剣になって練習していた。人差し指と中指を使って、ペンを親指の上をずっとクルクル往復させるペン回しなのだが、中高生くらいに練習してマスターしたもの。土方Pいわく、できそうでできないことなので、それが嫌なのだとか。僕にとっては、このペン回しの技術とコジらない真っ直ぐのストロークを交換してほしいくらいなのだが・・・。とりあえずできるまでやる! という、負けず嫌いなところがあるからこそ、ここまで強いプロになったのだろうなぁ、と、改めて納得してしまった。


関連記事

|

« Ustream | トップページ | iPhoneアプリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ustream | トップページ | iPhoneアプリ »