« ダーツ:バレルのうしろのほうを握る | トップページ | 横にはらって撞く »

2010/05/14

ブレイク用のバンブーシャフト

ハイブリッドアルファを購入したばかりだったのだが、ホームの常連さんから「もしフィーリングが合うのならどうぞ」とラジアルピンのバンブーシャフトを渡された。さっそくDan Dishawに装着して撞いてみたのだが、このシャフトはパワーがある。が、やはりどちらかといえばハイテクっぽい固い打感がしっくり来なかった。ということで、いったんはお返ししたのだが、そう言えば・・・と思いついたことがあった。

それは、ブレイクキューであるスレッジハンマーに装着してみるという考え。スレッジハンマーもラジアルピンなので、取り付けることは可能だ。装着して撞いてみると、これが思った以上にいい。バンブーシャフトのパワー、しなり、そしてハイテクの手球の安定性がブレイクに生きるのだ。感覚的には、プレデターのBK2に近い。スレッジハンマーのバットのほうが太くてがっしりとしているので、そのぶんBK2よりもドンっという重さは乗るかも。というわけで、このバンブーシャフトをブレイク用のシャフトとして使わせてもらうことにした。そして、昨日、ブレイク用のタップ、Mezzのソニックタップに変更。まだ実際に撞いていないが、きっとよくなることだろう(と期待している)。

とは言っても、問題が2点。1点は、ジャンプが飛ばなくなったということ。全然、飛ばない。が、試したときは通常のプレー用のタップが付いていたので、ソニックタップに変更したいまは飛ばせられるかもしれない。このままだと、ブレイク&ジャンプキューのよさが半減だ・・・。そしてもうひとつの問題点は、ジョイント部分に段差ができてしまうこと。スレッジハンマーのバットは太いので、通常のシャフトと径がが合わずにズレが出てしまうのだ。まぁ、プレーには関係ないので、ここは目をつぶっておこう。完成したネオスレッジハンマーのデビューはおそらく明日。楽しみだ。


関連記事

|

« ダーツ:バレルのうしろのほうを握る | トップページ | 横にはらって撞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダーツ:バレルのうしろのほうを握る | トップページ | 横にはらって撞く »