« ブレイク用のバンブーシャフト | トップページ | 栗林P、ありがとう! »

2010/05/16

横にはらって撞く

今日はサンビリ荻窪で活動しているフォーレストに参加してきた。そこでプイさんに、スロウがあまり出ないなら、ちょっとはらうようにヒネリを入れては? と教えてもらった。シャフトをハイブリッドアルファに変えてから、ヒネリの回転で的球を横に走らせることができず、どうも厚くトばしてしまうことが多いのだ。イメージよりも、スロウが的球に入らないのだ。もちろん、ちょっと薄めに狙えばいいことなのだが、それでは手球のラインがイメージと異なってくる。入れる、入れないよりも、どちらかと言えばそのイメージの違いが問題なのだ。

というわけで、プイさんに教えてもらったように撞いてみると、これがイメージに近いスロウが出てくれる。ハイテクは、横に平行移動させて撞くのが基本だが、そうではなくて、ちょっと斜めにキューを突っ込むのだ。捻る方向にコジリながら撞く感じ。ただ、まだこの辺の細かい見越などは慣れていないので、撞くのが怖い。練習では撞くことができても、ゲーム中にはやっぱり確実に入れられる上下の撞点だけを選んでしまう。簡単な球なら、こういう撞き方もできるように、もっと撞いて、体で覚えていく必要がある。


関連記事

|

« ブレイク用のバンブーシャフト | トップページ | 栗林P、ありがとう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレイク用のバンブーシャフト | トップページ | 栗林P、ありがとう! »