« B級戦を見て | トップページ | ボーラードの取り方を変えてみた »

2010/06/09

入れ方を思い出した

昨日だったか、ふと思い出した。球の入れ方。そして、ちょっと前のときくらい、入れが戻ってきた。タップを変えたことで、入れが不安定になってしまったわけだが、それからずっと、入れようとしすぎていたり、慎重になりすぎていたのかもしれない。「入れる」という意識で構えて、あとはスッとキューを出すだけで球は入るのだ。最も重要視するのは、リズム。スッと構えてスッとキューを出す。難しい配置はそういうわけにはいかないが、ボーラード中などの簡単な配置を続けて取り切る際には、このリズムを重視した感覚のほうがうまくいく。変にキュー先をこねてしまうことがないのだ。

このようなショットのリズムで常に撞けるようにしなくてはいけないのだろう。どんな状況下でも、このリズムを失うことなく撞くことができれば、簡単な球をトばすことも少なくなる。要は、このリズムで撞くことができるハートの強さが必要だということだ。ちょっと薄いとか、ちょっと遠いとか、実際は簡単なのに変に意識をしてしまってトばしてしまう球。そういう球をリズムよく撞けるようになりたい。そうすれば、簡単な球をトばしてしまうことも、減っていくと思うのだ。


関連記事

|

« B級戦を見て | トップページ | ボーラードの取り方を変えてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B級戦を見て | トップページ | ボーラードの取り方を変えてみた »