« ありえない | トップページ | 土方Pの空クッションからの入れ »

2010/07/23

クラウド9 ABC級戦 決勝

バタバタと忙しくて、更新が滞ってしまったのだが、19日に調布クラウド9で行われたABC級戦には出場した。結果は、負けー負け。まだまだだ。と、とりあえず自分のプレーについては後日記載するとして、今回は決勝での話。このABC級戦、70人近くの参加があった。そして、ものすごいメンバーが揃っていた。SA級と呼ばれる人がチラホラ・・・。ほかにも、昔から強いなと思っていた人がたくさん出場していた。そんな中、優勝候補だなぁ・・・と思っていたKさんが決勝に残った。そして優勝したのだ。なんか、本当に強い。なぜかわからないけど、結局勝っているという感じ。いつの間にか取り切ってしまう。そう感じるということは、本当に強いということだ。

その決勝での球が見事だった。3−3で迎えた大事な場面。5番でフリーボールとなった。とは言っても、6と7でトラブルがあり、かなり難しい配置だ(下図)。まずは5番をサイドに入れて、6番を狭い場所にポジショニング、が、やや逆フリになってしまった。6番をサイドに入れて手球を引いたが、手球は微妙な位置に。ここでの1球がすごかった。7番をコーナーに入れて、8番にポジショニングしたのだ。8番へのポジショニングは、9番があったために、かなりシビアな精度が要求される。そして、7番の入れも難しい。そもそも、僕の場合は、この入れを選択するイメージすら浮かばないだろう。確かに、図で右下のコーナーに入れるのでは、手球は9番にキスする可能性もあるし、手球のコントロールが難しい。しかも、これを決めたのは5先の3−3の状況。そして次のラックはマスワリで優勝となった。

100723

Kさん曰く、この7番は今日いちばん狙った球だったとのこと。もちろん、そういう場面ではあるのだが、それでもそれを入れるはすごい。そしていちばん驚いたことは、この日、Kさんはそれほど調子がいいとは思えなかった。最初の3戦くらいは、結構ポロポロとミスが出ていた。が、要所を押さえて勝ち進み、勝ち進む中でいつもの調子になっていく感じだった。この「勝ち」に持って行く技術がすごい。なんだか結局、なにがなんだかわからず、やっぱりKさんが優勝した、という感じだった。

そうそう、クラウド勢はベスト16が最高だったかな? しかも、決勝の32に残ったのは数えるほど。残念。もっと頑張らないと・・・。って自分が。でも、Kさんは元クラウドの店員さんだし・・・。というのも関係ないか。今回のABC級戦は、盛り上がったしメンバーもゲームも素晴らしかった。また実施されるとうれしいな。


関連記事

|

« ありえない | トップページ | 土方Pの空クッションからの入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ありえない | トップページ | 土方Pの空クッションからの入れ »