« ポケッポル | トップページ | ホームランの打ち方より »

2010/08/30

取り切ることの確実性

おっと、少女時代のネタを書いてからまったく更新していなかった・・・。ちなみに、先日行われた有明コロシアムの少女時代のライブにも足を運んで来たわけだが、次の日の新聞などでは「少女時代到来」という感じで見出しが躍っていた。そして同じころ、調布のクラウドにも到来する人が・・・。と、無理矢理つなげてみたが、京都からK山さんがやってきていたのだ。この人、ジャパンオープンの渋谷最終ひとつ前で、土方Pを破った実力者。相当うまい。そんなK山さんとはちょくちょく顔を合わせていたのだが、セットマッチをする機会がなかった。が、そろそろ帰ってしまうということで、6先で勝負してもらった。

どうも先週は球が入らなくて、その影響もあってかスタートからボンミスをしてしまい0−4。ちょっと気合いを入れないと、せっかくのゲームなのにもったいないなと入れに集中してみた。流れよく9の入れ合いでなんとかひとつ返し、そのあとマスワリで2−4。この頃は、なかなか球も見えるようになってきていた。で、次のブレイクからうまく3に出したあとの取り切りでミスをしてしまった(下図)。4への出しは下の(図で)長クッション側しかなく、ちょっと嫌な感じ。そしてここから5はどうしても6の裏を通す必要がある。3から4は、やや引の順ヒネリでうまく回し、4から5もイメージ通り6の裏を通すことができた。が、裏を通すために強めに撞くことができず、5に対してちょっと短い。そのまま押しでは6に出すことができない厚みだ。そこで、5は順引きで回して6にポジショニング。相当いい球だった。6にもピッタリ。7は右下(図で)が埋まっていたので、狭いほうに手球を出さなくてはいけなかったのだが、それにもバッチリの手球の位置だった。それなのに、チビってしまって手球の距離がショート。7は入れることができず、反対に取り切られてしまったのだ。

100829

5から6があまりによすぎて、ちょっとキューが出なくなってしまったというのもあるだろう。スーパーショットのあとはミスをしやすいというやつだ。でも、これで取り切れるかも、という安堵もあったように思う。そんな考えは、9番を入れるまでしてはいけないのに・・・。結局、その後ひとつ返したが、3−6で終了。序盤からもっとエンジン全開じゃないと、いい勝負にならないな。というよりも、やっぱり大きく実力が違う。それは、ポジショニングの確実さ。K山さんは、本当に簡単に、入れて出して入れて出してを繰り返す。逆に振るとか、手球がショートして的球まで距離ができてしまうとか、そういうことがほとんどない。撞きにくい場所に手球が止まることもない。そりゃあ取り切れるってものだ。この確実性を身につけないとダメだな。

このゲームの後半で、K山さんがフリーの2番から3番への出しで、長ー短ー長と走らせる球があった(下図:黒線)。図では、1から2に変えているが、順の引きを強めに入れて走らせるのだ。セオリーというか、僕は迷わず長ー長で走らせるだろう(下図:青線)。でも、長ー短ー長のほうが、2に対してフリは付けやすい。長ー長だと、どうしても手球が走りすぎて真っ直ぐになってしまうこともある。K山さんに聞いてみると、そのほうがフリが付くというのもあるし、センター付近にちょっと嫌な邪魔な球もあったそうだ。こちらから見ていると、それほど邪魔になる感じではなかったのだが、近くを通すということはそれだけリスクがあるということ。それを回避しているわけだ。9割その球に当たらないコースを走らせられるとしても、1割は当たってしまう可能性があるということ。10割、確実に球に当たらないコースを選んでいるのだ。ここに強さがあるのだと思う。

100829_02

この球、あまり撞くことがないので、K山さんに「ちょっと嫌な感じだけど」というと、「さっきの5番みたいに撞けばいいんですよ」(上図の)とのことだった。なるほど、そうかもしれない。そのほうがキューも出る。


関連記事

|

« ポケッポル | トップページ | ホームランの打ち方より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケッポル | トップページ | ホームランの打ち方より »