« ホームランの打ち方より | トップページ | 9ボール見つけた »

2010/09/07

うしろに体重を乗せる

先日ここに記載した、Going Sportsでのホームランの打ち方をブレイクで実践してみた。なかなか撞く暇がなく、やっとブレイクの練習ができた感じ。そして、ひとつ、これまでの考え方が大きく間違っていたことがわかった。それは、「重心はうしろ目にすること」だ。要は、右利きの場合のブレイクは、軸足となる右足に体重を乗せていたほうがいいということ。うしろにある体重を、ブレイク時に前に持って行くのだ。といっても、そんなの当たり前のように思うのだが、実際はそうしていなかった。ブレイク時は、体の中心に重心があるか、やや前目のほうが多い。

なるべく早くキューを出そうとか、前に長くキューを出そうとしていたのだが、すると、体をなるべく前目にしようとして重心が前に向かってしまう。重心をうしろにしてブレイクをすると、ちょっとタイミングが取りにくい。だから、これまでやや前目の重心でブレイクを構えていた。ただ、タイミングが合わなかったのは、重心を自分でうしろから前に動かそうとしていたから。キューの出と重心の移動の両方を調節するのは難しいのだ。それをうしろに重心を乗せたまま、とりあえずあまり考えずにこれまでどおりブレイクをしてみた。コンパクトに。そうするだけで、勝手に重心が前に行き、体重を乗せられるのだ。まだまだちょっとタイミングがズレることがあるが、いい感じで勢いのあるブレイクができるようになった。もう少し練習して、このタイミングをマスターしよう。そして、強いブレイクを手に入れて、マスワリ連発したいな。


関連記事

|

« ホームランの打ち方より | トップページ | 9ボール見つけた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームランの打ち方より | トップページ | 9ボール見つけた »