« 取り切ることの確実性 | トップページ | うしろに体重を乗せる »

2010/09/01

ホームランの打ち方より

先週末、日テレのGoing Sportsを見ていたら、KAT-TUNの亀梨君に楽天の山崎選手がホームランを打つコツを教えるというコーナーがあった。ホームランを打てる人というのは、球を飛ばす才能があると思うので、実際に打てるかどうかは別なのだが、そのコツというのが以下のようなもの。

●軸足に体重を乗せる
●軸足のつま先(親指)とももの内側の筋肉で体重を支える
●上半身は球に向かって前に行くが下半身は動かない
●ギリギリまで下半身に体重をためる
●体を開かずに振り抜く

という感じ。これを見ていて思った。これ、ブレイクも一緒では!? 野球のように大きな体重移動は必要ないだろうが、全体的な動きのイメージはすごく近い。パワーではなくスピードとタイミング。ということで、この理論をブレイクに当てはめて練習してみようと思った。が、この番組を見てから、まったく練習をする暇がない。今週末はちょっと練習できるかな、ということで実際に試してみようと思う。


関連記事

|

« 取り切ることの確実性 | トップページ | うしろに体重を乗せる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取り切ることの確実性 | トップページ | うしろに体重を乗せる »