« クラウド9 ABC級戦 開催 | トップページ | どこから何を得るのかということ »

2010/11/16

近況

クラウドのABC級戦の結果は「負け」「負け」だった。そのショックで日記の更新が滞って・・・というわけではないのだが、Twitterがメイン。そしてmixiもときどき。もちろん、仕事もあったり・・・なんて日々だとどうもこの日記の更新をあと回しにしてしまう。球も撞きたいし・・・と言い訳ばかり。

さて、ABC級戦では、やっぱり気持ちが弱いなと再認識。なんでもない9番を、手球を置きに行ってトばすとか。あとは、序盤で簡単に撞いてしまうというのもダメだ。普段のゲームの中で、もっとこだわってプレーしないといけないな。

と、ここで話は大きく変わって。調布のクラウドナインに新台「NAGATO」が2台登場した。新ラシャということもあり、手球が滑る滑る。ロングの引きとか余裕。ただ、滑るということは、的球と手球が角度を持って当たったとき、横に滑っていってしまうということ。この手球の開き方がまったくイメージできず、出しミスが多くなってしまう。こういう新台は、最初のうちは面白いけれど、手球を走らせるバリエーションが減るからつまらなくなるな。殺し気味とか無理だから、バタで走らせることを最優先したほうがいいし、ちょっと厚めに出して走らせるみたいなワンパターンになりがち。とは言っても、やっぱりこういう台の特性もわかっておかないと、いざというときに困るので、めったにないこういう機会を利用して、ここぞとばかりに撞かせてもらった。

ちなみにこのNAGATOという台、クッションが高い。だからクッションタッチの球の見えている部分が少なくて、ちょっとキューを立て気味にしないとミスキューしてしまう。難しい。クッションタッチだけは、避けるようにポジションしないと。また、このクッションの違いなのかもしれないが、バンクがまったく入らない。全然手球がイメージ通りに走らない。この辺は、もう少し慣れていかないといけないかも。


関連記事

|

« クラウド9 ABC級戦 開催 | トップページ | どこから何を得るのかということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラウド9 ABC級戦 開催 | トップページ | どこから何を得るのかということ »