« 手球のポジショニング精度 | トップページ | 交互ブレイク »

2010/12/06

モーリVその後

約1カ月半前に取り付けたタップ「モーリV」が、ここに来てかなりよくなってきた。実は、取り付けた当初は、弾力もあり手球ののりもよくて、かなり気に入っていたのだが、1カ月くらいしたあたりから、やや硬さが見られて「ダメかな?」と思っていた。「なんだよ、またいつものモーリのように寿命が短いのか」と感じていて、そろそろ交換なのか? と残念だったのだが、撞き続けてよかった。完全に撞き締まったいま、またいい弾力が戻ってきたのだ。こういう感じは、これまでのタップにない感覚かも。いまは、どちらかといえばHIRANO Hが締まってきた感じに近い。それよりも手球ののりはいいかな。もちろん、装着時に比べればだいぶ固くなっているのだが、個人的にはいまの状態のほうが好きかも。

撞き締まっているから、きっとこの状態は長いことキープできるだろう。これからどのくらい性能を維持するのかわからないが、結構長く持ちそうだ。この感じなら、2500円という価格は高くないかな。カムイのSを付けてみようかなって本気で考えていたのだけれど、まだまだモーリVのままで続けそうだ。


関連記事

|

« 手球のポジショニング精度 | トップページ | 交互ブレイク »

コメント

こんばんは。
私も約一ヶ月前からモーリVで撞いてます。
硬いのに粘りがあるので、モロ好みのタップですね。ただ、突っ込んだ捻りのショットが以前より効き過ぎるので、今までよりRを抑えて形を整えてます。

投稿: jodan | 2010/12/07 22:29

なるほど!
Rを抑えるというのはいいかもしれないですね。
さっそくやってみようと思います!

ありがとうございます!

投稿: アライ | 2010/12/09 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手球のポジショニング精度 | トップページ | 交互ブレイク »