« トリオ | トップページ | キッズビリヤードキャンペーン »

2011/02/01

グリップを握る

ブログの更新は滞っているが、球はしっかり撞いている。そして、最近、ちょっとフォームを変えたので、それを体に覚え込ませるために日々取り組んでいる。と言っても、それほど大きな変更ではない。グリップをきちんと握るようにしたのだ。「そんなの当たり前」と思われるかもしれないが、実はきちんと握れてなかった。キューを突き出す瞬間は握れているのだが、ストロークの途中で軽く浮いてしまっていたのだ。

ただ、これは自分自身でわかっていてやっていたことだ。昔から、キューは真っ直ぐ平行に出したいと思っていたし、それがいちばん安定すると思っている。真っ直ぐというのはイメージしやすいが、平行というのはなかなかイメージできないので難しい。ヒジから下を振り子のように動かすビリヤードのストロークは、絶対にそのままではキューは平行に進まないのだ。手球を捉えてからなら、ヒジをうまくたたむことでキュー先は真っ直ぐに進めることができる。が、そこまでが問題。ヒジを固定してキューをうしろに引くと、絶対にキュー尻が上がってしまう。そこで僕はこれまで、キューを引いたときに軽く握りを開いていた。開いて、突き出すときにまた握り込む感じだ。そうするとキューを引いたときにキュー尻が下がるので、平行に出る。が、それが最近イマイチだと気が付いた。

事の発端は、クラウドでHJくんと撞いていたときのこと。キューが回転する・しないを見ているときだった。キューを出すと、わずかだがキューが回転することがある。それは半回転とか4分の1回転とか。通常のセンターショットのような真撞きのストロークは真っ直ぐ出ていても、引きヒネリなどのときは回ってしまう。それはキューに余計な動きがあるということで、そのブレが手球に伝わっていると予測できるのだ。どうも引きが加わると、キューが回転しがちなようだったので考えてみた。そして見つけた。引き球のときはキューがラシャに近くなるため、平行に保つのが難しい。よってグリップの開きを大きくしてキューじりを下げているのだ。

そこに気を付けて、試しにしっかりと握って球を撞いてみたところ。ものすごくキレイな球スジになった。特に順引きなどのブレがなくなり、見越しも合わせやすい。変なブレが見越しまでブレさせていたのだろう。ブレのないストロークは、狙ったところにしっかりと手球が進むのだ。そんなわけで、グリップを握るよう意識してから、簡単な球をトばすことがものすごく少なくなった。そして、自信を持ってキューを出せる。このストロークを、無意識の状態でできるようになるまで、体に覚え込ませていこう。


関連記事

|

« トリオ | トップページ | キッズビリヤードキャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリオ | トップページ | キッズビリヤードキャンペーン »