« 六本木BAGUSで取材 | トップページ | 奇跡(?)のポジショニング »

2011/05/13

314-2 FATシャフト

実はこそっと新しいシャフトをゲットした。314-2 FATだ。いわゆる超ハイテク。前々からこのブログでも書いていたのは、314の「ヘコ」っとなる打感がダメで合わないということだった。キュー先が逃げるのが速いためか、タップが手球に当たったときにバットに打感が伝わってこない。力が逃げているイメージがあったのだ。それが、最近何本か314-2シャフトを付けたキューを撞く機会があったのだが、この打感が314のときとは違ってうまく伝わっている印象を受けたのだ。ならちょっと使ってみよう、と思って購入した次第。で、何度か撞いてみて、ハイブリッドアルファとの違いが見えてきた。と言うわけで、アルファと比較したときの、僕が感じたよいところ悪いところを挙げてみようと思う。

●よいところ
・スピンののりがいい
これは文句なくキレる。特にヒネリののりがいい。のりがいいというよりも、スピンが残る感覚が合っているかも。捻ったとき2クッション目からの動きが違う。2クッション目からの伸びがあるので、アルファを使っているときよりも手球が伸びてしまうのだ。この辺は感覚を覚えていく必要がある。
・先球が安定する
とにかく先球がきれいに走る。ただ入れるだけなら、アルファよりも楽だ。結構強めに撞いても、先球がブレないので、カタカタすることも少ない。
・とにかく素直
これだけでいいのかも、と思う。すごくラインも読みやすいし、撞い加減の距離そのまま進む感じ。まだ感覚が慣れていないだけで、きちんと覚えてしまえば、ほぼイメージ通りに転がってくれそう。素直だからこそ、真っ直ぐ撞けば球が入る。逆に言えば、例えば捻ってスロウで入れるなんていうことがイマイチ合わない。厚みを合わせて撞くほうがいい。捻っていても同じで、ただ厚みを合わせて撞くだけ。この感覚は面白い。
・厚めの逆ヒネリはまったく怖くない
ものすごく逆を切りやすくなった。見越しがないっていうのは、ホントにすごいかもと感じる。これも厚みを合わせて、そこに向かって真っ直ぐ撞くだけ。フリがあるとやっぱり難しいが、厚めだとわかりやすい。僕は厚めの逆押しなどがちょっと苦手だったので、これは重宝する。

●悪いところ
・手球がのらない
ここが最大の問題かも。撞き方というか、キューの突っ込み方で手球をコントロールすることがあるが、これがまったくうまくいかない。例えば引き球のとき、やや下の撞点をトンと撞く/スーッと撞くと使い分けることで、手球の引きの回転をコントロールできた。が、これがなかなかできない。より引くなら下の撞点を撞く、それだけ。まぁそのほうがわかりやすいし、アルファよりも下の撞点を撞きやすいのだけれど・・・。
・パワーがない
これは思ったよりもなくて残念だった。けど、見越しがなくてここまでのパワーが出せればいいかなとも思う。このパワーというのは、強く撞いたときのものではなくて、普通に撞いたときのパワー。僕は結構弱めに撞くことが多いのだが、そうるとみんな手球がショートしてしまう。アルファのときは、球を転がしたいときにキューを長く出すようなイメージで撞くと距離を伸ばせたのだが、314-2ではそうやっても球は進まない。結局、撞点でほぼ決まってしまうということだろう。

と、ここまでいろいろ書いてみたものの、結局どっちがいいとも言えない。314-2のほうが球が入れやすくて実戦向きだとは思うけれど、やっぱり打感や感覚的な部分はアルファのほうがいい。ただ、314-2につていは、まだそれほど撞き込んでいないので、新たな発見があるかもしれない。とにかく軽く撞いたときのスピンののり方がいいので、弱めに撞きつつ回転で走らせる取り方ができる。もうちょっといろいろと遊びたいので、いまは314-2メインで行く予定だ。ややヘコっとした感じが気に入らないけれど、シャフトがもうちょっと締まってきたらいい感じになるかも、なんて思っている。とりあえずは、慣れるまで頑張ろう。


関連記事

|

« 六本木BAGUSで取材 | トップページ | 奇跡(?)のポジショニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六本木BAGUSで取材 | トップページ | 奇跡(?)のポジショニング »