« 314-2 FATシャフト | トップページ | 詰めの甘さ »

2011/05/22

奇跡(?)のポジショニング

まず、314-2 FATの報告から。やっとタイミングにも慣れてきて、ロングドローなんかもタイミングよく引けるようになった。が、ちょっと遠目の球だったりで入れミスすることが多い。いろいろとやってみてなんとなくわかったのは、手球からブリッジまでの距離を短めにして、「トン」と撞くようにするといいってこと。もともとキレるので、ブリッジの距離が短くても大丈夫。ちなみに、現在発売中のCUE'Sで、各プロの手球とブリッジの距離が載っていたのだが、僕も自分のを測ってみると、だいたい30cmくらい。土方P並みだ。あのくらいキューが真っ直ぐ出るなら遠くてもいいけど、いまの自分のストロークでこれは長すぎる。気持ち短めにして、入れの安定度を増す方向にシフトするいいきっかけだと思う。

とはいうものの、314-2はほんとに入れやすくて、無理しないで入れつなげるプレーがしやすい。コンスタントに取り切れる。で、昨日クラウドで相撞きしているときの取り切りが、自分の中でも結構素晴らしいものだった。特に3から4の出し(下図)。2から3でややミスして薄くなってしまった3番。これをコーナーに入れるのだが、次の4番がものすごく難しい。5番が近くにあり、ポジションすべき場所が狭くなっているのだ。もちろん、5番とクッション際は球1個ぶん空いていないので通らない。

110522

まぁ、通常なら、図でいう下の長クッション側に出して、4から5へは切り返すパターンだろう。が、この3番を入れてそこに出すのは結構力加減が難しい。弱めに撞いても行き過ぎてしまう可能性がある。まぁ、そのときは4をコーナーバンクにとればいいのだけれど・・・。で、結局この配置、引きを入れて強めに撞くことにした。イメージとしては4の近くにあればいいかなという感じ。この配置なら、セーフティーしやすい。と思ったら、うまく手球がクッションで死んで、キレイに4と5の間に吸い込まれて止まったのだ。あとは取り切って終了。おぉ、なるほどと思った。このラインなら、強めについて出せる。しかも手球がもっと走っても、5に隠れることはないし、ラインが少しズレたとしても、4や5への当たり方がよさそうだ。なんとなく漠然としたイメージで撞いたけれど、こういう球をハッキリとしたイメージとして撞けるかどうかというのは大きいかもな。


関連記事

|

« 314-2 FATシャフト | トップページ | 詰めの甘さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 314-2 FATシャフト | トップページ | 詰めの甘さ »