ポジション

2011/05/22

奇跡(?)のポジショニング

まず、314-2 FATの報告から。やっとタイミングにも慣れてきて、ロングドローなんかもタイミングよく引けるようになった。が、ちょっと遠目の球だったりで入れミスすることが多い。いろいろとやってみてなんとなくわかったのは、手球からブリッジまでの距離を短めにして、「トン」と撞くようにするといいってこと。もともとキレるので、ブリッジの距離が短くても大丈夫。ちなみに、現在発売中のCUE'Sで、各プロの手球とブリッジの距離が載っていたのだが、僕も自分のを測ってみると、だいたい30cmくらい。土方P並みだ。あのくらいキューが真っ直ぐ出るなら遠くてもいいけど、いまの自分のストロークでこれは長すぎる。気持ち短めにして、入れの安定度を増す方向にシフトするいいきっかけだと思う。

とはいうものの、314-2はほんとに入れやすくて、無理しないで入れつなげるプレーがしやすい。コンスタントに取り切れる。で、昨日クラウドで相撞きしているときの取り切りが、自分の中でも結構素晴らしいものだった。特に3から4の出し(下図)。2から3でややミスして薄くなってしまった3番。これをコーナーに入れるのだが、次の4番がものすごく難しい。5番が近くにあり、ポジションすべき場所が狭くなっているのだ。もちろん、5番とクッション際は球1個ぶん空いていないので通らない。

110522

まぁ、通常なら、図でいう下の長クッション側に出して、4から5へは切り返すパターンだろう。が、この3番を入れてそこに出すのは結構力加減が難しい。弱めに撞いても行き過ぎてしまう可能性がある。まぁ、そのときは4をコーナーバンクにとればいいのだけれど・・・。で、結局この配置、引きを入れて強めに撞くことにした。イメージとしては4の近くにあればいいかなという感じ。この配置なら、セーフティーしやすい。と思ったら、うまく手球がクッションで死んで、キレイに4と5の間に吸い込まれて止まったのだ。あとは取り切って終了。おぉ、なるほどと思った。このラインなら、強めについて出せる。しかも手球がもっと走っても、5に隠れることはないし、ラインが少しズレたとしても、4や5への当たり方がよさそうだ。なんとなく漠然としたイメージで撞いたけれど、こういう球をハッキリとしたイメージとして撞けるかどうかというのは大きいかもな。

続きを読む "奇跡(?)のポジショニング"

| | コメント (0)

2011/05/06

にゅるっと撞く?

クラウドで土方Pと撞いているとき、クッションからのヒネリでの走らせ方がものすごくうまいなと思う。手球にある横の回転だけで、クッションから球が走っていく感じなのだ。だから、いつも同じような加減でクッションから手球が進む。きっとこのほうがポジショニングでミスが起こりにくい。これを文章で書くと簡単に見えてしまうが、実際にやろうとすると難しい。

先日も、ちょっと遠目の球を入れた際、手球がスッと横回転だけで進んでいった(下図)。撞点は横だけだそうだ。手球が前に進むのは、的球に当たるまでに加わった惰性での前身回転だけ。横だけの加減で持ってくるというわけだ。理論的にはわかりやすい。手球の前後の回転というのは、どうしてもラシャの摩擦力を受ける。でも、横の回転はラシャの摩擦を受けにくい。だから同じ加減にしやすいのだろう。と言っても、この球を横の撞点だけで入れるのはなかなか簡単なことではない。土方P曰く、「にゅるっと撞く」のだそうだ。土方Pは、遠目の球でも、けっこう立てキューのときも、あまり苦にせずヒネリを入れているのだが、にゅるっと撞くと見越しが出にくいらしいのだ。まぁ、この撞き方をマスターするのは難しいかもしれないけれど、とりあえずは横の回転で手球をクッションから走らせるという動きは、マスターしたほうがいいな。

20110506

続きを読む "にゅるっと撞く?"

| | コメント (0)

2011/01/06

トリオ

なんと、いつの間にか年が明けてしまいました。明けましておめでとうございます。年末年始は、まったくブログの更新ができず。いや、最近は忙しいとか言いながら、更新されていないブログを見て見ぬふりだったりして・・・。が、ちょっと重い腰をあげて更新しないと! というわけで、新年早々の2日に土方Pと撞かせてもらったので、そのときのネタを記載。

セットマッチ中に、ちょっと面倒な配置になった。手球フリーでもらったこの配置、ものすごく悩む(下図)。8番は、少しだけポケットに入っており、図で右側のクッションのヘリにタッチしている状態。5番を図で右側のポケットに入れるには、6番がジャマしている。まず考えたのは、5番を図で左側のコーナーに入れる方法。が、これだと6番で困ってしまう。このときの台はちょっと渋くて、球は2つ通らない。そのまま真っ直ぐ6番が8番にきれいに当たると、球クッションになってどちらも入らない可能性があったのだ。8番をポケットするには、6番を真っ直ぐポケットできるコースから、ちょっとだけズラしたほうがいい。しかも、たとえ8番をコンビでポケットできたとしても、6番の残りが予想しにくかったりする。で、悩んでいたら、土方Pからひと言「5ー6ー8がいいと思います」。コンビでなくってトリオですか!? というわけで、6をポケットできるように5に真っ直ぐ手球をセットした。

110106_01

そのまま真っ直ぐ撞いたところ、手球はストップして見事6番は8番を落とし、5番も図で下の長クッションから真っ直ぐ上に進んでいい配置になった(下図)。土方Pいわく、このトリオで狙ったほうが、次の球、今回なら5番の残りが予測しやすいのだとか。そして、5−6というコンビを絡めることで、6番がポケットに真っ直ぐいくコースからズレる可能性が高くなる。よって8番をポケットしやすい。なるほど、コンビの不正確さを逆に利用しているというわけだ。

110106_02

ビリヤードでは、コンビだって難しいのであまり狙いにいくことはない。それがトリオになったらものすごく確率が下がるので、まったくこれは考えていなかった。でも、時と場合によっては、トリオが最善という面白い配置もあるわけだ。そのときにトリオのイメージがパッと出てくるのだから、やっぱりすごいな。目の前の配置で迷って、不正解な取り方を選んでしまわないように、もっと勉強しなくてはいけないな。2011年も、まだまだ精進って感じだ。

続きを読む "トリオ"

| | コメント (2)

2010/12/02

手球のポジショニング精度

最近、ものすごく思うことがある。それは、手球のポジショニングの精度についてだ。よく練習用の書籍などに、だいたいこの辺りに手球を止めるイメージで、ライン出しで、というようなことが書いてある。もちろん、それは大事なことだし、そうした練習を続けてきた。が、その考え方というかそこまでの技術が通用するのはA級になるまでだと感じている。A級になってから先は、「ここに手球を止める」ただそれだけ。そこまでの過程はある程度必要だとは思うけれど、狙った場所に止められるなら、その方法が最善だ。

例えば、直径30cmの円の中に手球が止まるようにコントロールとか、フリを間違えないようにこのラインを超えるようにして狙えるこの範囲の中で止まるようにコントロールとか、いろいろ習得方法はあるのだが、そんなおおざっぱな出しでは勝てないと思うのだ。球2個ぶん違っただけで、その配置はどれほど難しくなるか! 球2個ぶんというと約10cm。最低でも、約10cmの範囲で手球を止めるというのが目標だろう。ライン出しは大事だけれど、ピンポイントで出すことができるのなら、ライン出しは必要ない。そして、だいたいこの辺なんていうあやふやな出しも必要ない。A級から先というのは、「ここ」というピンポイントの出しを続けることが大事なのだろう。それができないとしても、フリは間違ってはいけないし、クッションにタッチしてもいけないし、撞きヅラも避けなくてはいけない。

そんなわけで、もっと出しの精度を上げていかなくてはなと思う。簡単な球を入れたら、狙った場所にぴたりと手球を動かして、また簡単な球を撞く。この繰り返しなのだ。

続きを読む "手球のポジショニング精度"

| | コメント (0)

2010/11/28

クッション際の微妙なフリの球

最近は、入れも安定してきているし、出しも結構イメージ通りになることが多い。が、中途半端なフリの球になってしまったときに、ミスをすることが多い。特にクッション際のもの(下図)。殺し気味にすると入れが安定しないし、かつ手球は思ったよりも走りそうなので、次の球に厚くなってしまいそう・・・。だけど、バタバタでフリを付けるには、ちょっとハードなショットが要求される、という配置だ。あまりヒネリを使わなくなってから、こうした球はキューをバシッと出してバタバタでとろうと思っているのだが、それを入れミスすることがある。この配置の場合は、手球を戻しすぎるとサイドポケットへのスクラッチもあるわけで、そのへんの感覚がキューにコジリを生ませているのかもしれない。

101128

というわけで、このミスしやすい配置を練習しなくてはなと思っている。手球センターで2ポイント付近のレール際の球を入れて、センターに戻すという練習。あ、これを延々続けるような練習がいいかも。こういう微妙な配置を、迷いなくキューを出して、バシッと入れられるようにならないとダメだよな。

続きを読む "クッション際の微妙なフリの球"

| | コメント (2)

2010/10/27

出しは順フリ(当たり前なのに)

先日、クラウドで土方Pに相撞きしてもらった。そのとき、土方Pのブレイクスクラッチでフリーボールをもらったのだが、次の短クッション際にある2番に出すのがなかなか難しい配置だった(下図)。8番が2番へのコースを邪魔していて、手球を2番に出すには、8番と反対側のコーナーよりの狭いほう(図で2番の上)か、同じくらい狭い2と8の間を通すかだ。もちろん、これはスクラッチも怖いので、2と8の間を通すほうを選択。ややミスをしても、2の右側に軽く当たるくらい、そして短クッションから出たときに8に当たって止まるくらいのコースと加減が必要だ。結構難しい。

101027

この配置、1番は短クッション際だったが、タッチはしていなかった。1cmないくらい浮いていた。僕はこの配置で、ややフリをつけて、逆押しで出そうと考えた(上図:青線の手球)。が、ここで土方Pから「順フリにしたほうがいいですよ」。なるほど、逆押しで2と8の間を通す加減は実際難しい。でも、順フリで押しだけなら、それほど難しくない。少しでも1番が浮いていれば、たとえそれがクッション際でも、それは順フリで出せるということなのだ。クッション際だから広いほうに手球を置いて狙ってしまったのだが、それは間違い。絶対に順フリにしたほうが出しやすい。当たり前のことなのに、発想すらなかった。こういう簡単に取り切るための発想が、まったく違うのだろう。この助言のおかげで、この配置は9番まで取り切ることができた(笑)。

続きを読む "出しは順フリ(当たり前なのに)"

| | コメント (2)

2010/08/30

取り切ることの確実性

おっと、少女時代のネタを書いてからまったく更新していなかった・・・。ちなみに、先日行われた有明コロシアムの少女時代のライブにも足を運んで来たわけだが、次の日の新聞などでは「少女時代到来」という感じで見出しが躍っていた。そして同じころ、調布のクラウドにも到来する人が・・・。と、無理矢理つなげてみたが、京都からK山さんがやってきていたのだ。この人、ジャパンオープンの渋谷最終ひとつ前で、土方Pを破った実力者。相当うまい。そんなK山さんとはちょくちょく顔を合わせていたのだが、セットマッチをする機会がなかった。が、そろそろ帰ってしまうということで、6先で勝負してもらった。

どうも先週は球が入らなくて、その影響もあってかスタートからボンミスをしてしまい0−4。ちょっと気合いを入れないと、せっかくのゲームなのにもったいないなと入れに集中してみた。流れよく9の入れ合いでなんとかひとつ返し、そのあとマスワリで2−4。この頃は、なかなか球も見えるようになってきていた。で、次のブレイクからうまく3に出したあとの取り切りでミスをしてしまった(下図)。4への出しは下の(図で)長クッション側しかなく、ちょっと嫌な感じ。そしてここから5はどうしても6の裏を通す必要がある。3から4は、やや引の順ヒネリでうまく回し、4から5もイメージ通り6の裏を通すことができた。が、裏を通すために強めに撞くことができず、5に対してちょっと短い。そのまま押しでは6に出すことができない厚みだ。そこで、5は順引きで回して6にポジショニング。相当いい球だった。6にもピッタリ。7は右下(図で)が埋まっていたので、狭いほうに手球を出さなくてはいけなかったのだが、それにもバッチリの手球の位置だった。それなのに、チビってしまって手球の距離がショート。7は入れることができず、反対に取り切られてしまったのだ。

100829

5から6があまりによすぎて、ちょっとキューが出なくなってしまったというのもあるだろう。スーパーショットのあとはミスをしやすいというやつだ。でも、これで取り切れるかも、という安堵もあったように思う。そんな考えは、9番を入れるまでしてはいけないのに・・・。結局、その後ひとつ返したが、3−6で終了。序盤からもっとエンジン全開じゃないと、いい勝負にならないな。というよりも、やっぱり大きく実力が違う。それは、ポジショニングの確実さ。K山さんは、本当に簡単に、入れて出して入れて出してを繰り返す。逆に振るとか、手球がショートして的球まで距離ができてしまうとか、そういうことがほとんどない。撞きにくい場所に手球が止まることもない。そりゃあ取り切れるってものだ。この確実性を身につけないとダメだな。

このゲームの後半で、K山さんがフリーの2番から3番への出しで、長ー短ー長と走らせる球があった(下図:黒線)。図では、1から2に変えているが、順の引きを強めに入れて走らせるのだ。セオリーというか、僕は迷わず長ー長で走らせるだろう(下図:青線)。でも、長ー短ー長のほうが、2に対してフリは付けやすい。長ー長だと、どうしても手球が走りすぎて真っ直ぐになってしまうこともある。K山さんに聞いてみると、そのほうがフリが付くというのもあるし、センター付近にちょっと嫌な邪魔な球もあったそうだ。こちらから見ていると、それほど邪魔になる感じではなかったのだが、近くを通すということはそれだけリスクがあるということ。それを回避しているわけだ。9割その球に当たらないコースを走らせられるとしても、1割は当たってしまう可能性があるということ。10割、確実に球に当たらないコースを選んでいるのだ。ここに強さがあるのだと思う。

100829_02

この球、あまり撞くことがないので、K山さんに「ちょっと嫌な感じだけど」というと、「さっきの5番みたいに撞けばいいんですよ」(上図の)とのことだった。なるほど、そうかもしれない。そのほうがキューも出る。

続きを読む "取り切ることの確実性"

| | コメント (0)

2010/08/03

気持ちが守りに入った結果かな

しばらくぶりで、しかもクラウドABC級戦の話。僕が敗者側で負けた最後のゲームだ。敗者側はワンセットダウンで相手はB級の人。ということで、4−3先での試合となった。それが、ポンポンと取られて0−2でリーチをかけられてしまう。そこから追いついて3−2のヒルヒルになったのだが、そこでやってしまったショットがこれだ(下図)。2番を入れて次の4番(3番はポケットされている)という配置で、手球を8番の裏に隠してしまったのだ。で、この球をジャンプで入れようと思ったのだけれど、この距離を飛ばす自信がなかったので空クッションから当てにいった。が、当たらずにファール。そのまま取り切られてしまったのだ。

100803

この2番、引きを入れて8番に当てて手球を止めたかった。おそらく、厚みがポケットの真ん中でキレイに引ければ、手球は8番に当たって止まっただろう。が、引きすぎてしまう、もしくは横に手球を走らせたくないという気持ちから、キューが出ずにチビリ気味になり、引きが甘くなってしまったわけだ。結果、手球はほぼ球なりに近いかたちで8番の裏へ・・・。7番という微妙な球があったので、ここはもっと慎重になるべきだった。押しの逆ヒネリも考えたのだが、4番に対して逆フリになってしまうのが嫌だったし、8に当たったあと、もしかしたら手球が8に隠れてしまうかも、とも考えてしまった。もっと勇気を出して、引きを入れるべきだった。弱めに軽く・・・と、球を置きにいってしまったのがいけない。

そしてもっといけないのが、そのあとのショット。8番に隠れてしまった球は、4番に当てるにはジャンプがいちばん有効だった。が、超えるべき8番への距離は4分の3ポイントくらい。僕は短い距離のジャンプは得意ではないので、考えたのだがやめてしまった。ただ、この選択は正しかったと思う。後日、同じ配置でジャンプショットをしてみたら、案の定手球が8番に当たった。問題は、そのあとの空クッションからの当てだ。この配置、4番に当てるのは、かなり難しいショットだった。選択したのは、向こうの長クッションにそのまま垂直に狙って、ヒネリで4番に手球を向かわせるというもの。ヒネリの回転が甘くて当たらなかった。が、そのときの気持ちがあまり狙いを定めていなかったように感じる。空クッション、しかも土手撞きの状態で、結構簡単に撞いてしまったのだ。なんか、ミスしてしまったこの状況から抜け出したいという気持ちがあったりして、なんか半分投げやりになった感じもする。こういう気持ちがいけないのだな。と、いまだに反省中だ。

続きを読む "気持ちが守りに入った結果かな"

| | コメント (0)

2010/07/23

クラウド9 ABC級戦 決勝

バタバタと忙しくて、更新が滞ってしまったのだが、19日に調布クラウド9で行われたABC級戦には出場した。結果は、負けー負け。まだまだだ。と、とりあえず自分のプレーについては後日記載するとして、今回は決勝での話。このABC級戦、70人近くの参加があった。そして、ものすごいメンバーが揃っていた。SA級と呼ばれる人がチラホラ・・・。ほかにも、昔から強いなと思っていた人がたくさん出場していた。そんな中、優勝候補だなぁ・・・と思っていたKさんが決勝に残った。そして優勝したのだ。なんか、本当に強い。なぜかわからないけど、結局勝っているという感じ。いつの間にか取り切ってしまう。そう感じるということは、本当に強いということだ。

その決勝での球が見事だった。3−3で迎えた大事な場面。5番でフリーボールとなった。とは言っても、6と7でトラブルがあり、かなり難しい配置だ(下図)。まずは5番をサイドに入れて、6番を狭い場所にポジショニング、が、やや逆フリになってしまった。6番をサイドに入れて手球を引いたが、手球は微妙な位置に。ここでの1球がすごかった。7番をコーナーに入れて、8番にポジショニングしたのだ。8番へのポジショニングは、9番があったために、かなりシビアな精度が要求される。そして、7番の入れも難しい。そもそも、僕の場合は、この入れを選択するイメージすら浮かばないだろう。確かに、図で右下のコーナーに入れるのでは、手球は9番にキスする可能性もあるし、手球のコントロールが難しい。しかも、これを決めたのは5先の3−3の状況。そして次のラックはマスワリで優勝となった。

100723

Kさん曰く、この7番は今日いちばん狙った球だったとのこと。もちろん、そういう場面ではあるのだが、それでもそれを入れるはすごい。そしていちばん驚いたことは、この日、Kさんはそれほど調子がいいとは思えなかった。最初の3戦くらいは、結構ポロポロとミスが出ていた。が、要所を押さえて勝ち進み、勝ち進む中でいつもの調子になっていく感じだった。この「勝ち」に持って行く技術がすごい。なんだか結局、なにがなんだかわからず、やっぱりKさんが優勝した、という感じだった。

そうそう、クラウド勢はベスト16が最高だったかな? しかも、決勝の32に残ったのは数えるほど。残念。もっと頑張らないと・・・。って自分が。でも、Kさんは元クラウドの店員さんだし・・・。というのも関係ないか。今回のABC級戦は、盛り上がったしメンバーもゲームも素晴らしかった。また実施されるとうれしいな。

続きを読む "クラウド9 ABC級戦 決勝"

| | コメント (0)

2010/07/06

ありえない

昨日の相撞きで、ちょっとありえないくらい最悪なミスをしてしまった。ブレイクで4つポケットされて残り5個。取り出しも穴前だし、ほぼマスワリ確定だろう・・・と思った。が、ポジショニングをミスしてしまったのだ(下図)。2から6への出しが距離が足りなくて8の裏に隠れてしまった。撞くときに、8は意識していた。だから8に隠れないように手球をもっと上の(図で)サイドポケット側に向かうように走らせたかったのだけれど、7番が邪魔だった。まぁ、8番だけかわせばいいことなので、大丈夫だろうと撞いたら、見事に隠れてしまったのだ。

100706

どうも撞いていた台が走らなくて、全体的にポジショニングが短くなってしまっていたのだが、それにしてもこのミスは大きすぎる。普通に弱めに2番を入れて、遠目から6番を狙えばいいだけのことだった。配置が簡単だと思ったために、より確実に取り切ろうと、手球を走らせることを選択したわけだが、それがミスにつながってしまったわけだ。台のコンディションが合っていなかったのだからこそ、できるだけ隠れない確実な方法で手球を動かす必要があっただろう。どうもこうした走らない台というのは苦手だ。クッションに入ってから、スッと手球が伸びることがないので、どうも手球がクッション際に止まってしまう。で、入れが難しくなって、またキューを出せないからポジショニングのミスをしてしまう・・・の繰り返し。もっとしっかりと考えて、手球をコントロールしなくてはいけないな。

続きを読む "ありえない"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧