ムービー

2010/05/20

Ustream

本日、「U.S. Open 10Ball」の試合がUstreamで放送されていて、米国で開かれている大会をリアルタイムで楽しむことができた。しかも、映像がキレイ! これは今後、Ustreamでの放送がたくさん増えるだろうなぁ・・・。いや、増えてほしいなぁ・・・と感じた。

さて、実は僕もこのUstreamによるリアルタイム放送を試みようとしている。U.S. Openの画質にはとうてい及ばないが、iPhoneがあればすぐに放送できるのだ。例えば、ビリヤード場のハウストーナメントなどを、Ustreamで放送したら、結構面白いのではないか? と思うのだ。そのトーナメントに出れなかった人が見てもいいし、早々に負けてしまったけど結果を知りたいから見たい、という人もいるだろう。というわけで、(勝手に)23日(日曜日)に開かれる、クラウド9調布のC級ビギナー戦の決勝をUstreamで流してみようと考えている。

http://www.ustream.tv/channel/arai-billiard

上記のURLのサイトで放送予定だ。時間は・・・まったく読めないが、これまでの流れから予測すると、16時か17時くらいだろう。ちなみに、放送スタートは「arai1046」でつぶやこうと思っている。

とは言っても、諸々の事情で、放送できないこともある。また、クラウドの店内はソフトバンクの電波が入りにくいので、もしかしたら放送が途切れてしまうとかトラブルが起こるかもしれない。iPhoneからなので画質は悪くなると思うのだが、先日サンビリで撮影したUstream動画を上記のURLのサイトにアップしているので、「こんな感じか」という参考にしてほしい。まぁ、個人的にやってみたいことなので、試験放送ってことで。

続きを読む "Ustream"

| | コメント (0)

2010/04/27

浦岡Pの片手ドロー

なんかもうすごすぎるから載せておきたい。

続きを読む "浦岡Pの片手ドロー"

| | コメント (0)

2010/03/25

ジャパンオープン:レイズの取り切り

先日の「ジャパンオープン決勝!」の記事内で紹介した、大井P対レイズの最終ラックの配置。とっても重要なところが間違っておりました。取り出しの2番は、サイドポケットインです。2番はほぼセンター付近にあって、それを入れつつ、狭いコーナー付近をクルリと回しておりました。って、実はこのほうが難しいじゃん! ホントにすごい。で、そのときのムービーを「On the hill!」さんが公開しておりました(下ムービー)。実際に見るのが早いですよね。かなりビックリします。

そう言えばこの最終ラック、ムービーではちょっと隠れていてわかりにくいのですが、ブレイクのあと手球がほかの球に弾かれてサイドポケットに一直線に向かっています。が、その途中で5番に当てって止まるんです。ここでスクラッチしていたら、大井Pが取り切って勝利していたかもしれません。こんな強さも、レイズらしいです。

続きを読む "ジャパンオープン:レイズの取り切り"

| | コメント (0)

2010/03/23

来年のジャパンオープンも期待できる

またまたジャパンオープンの話になるのだが、今年のジャパンオープンは、これまでと違ってエンターテインメント性を高めようとする要素が多くてすごくよかったと思う。会場前方にステージを作って、そこから選手が入場してきたり、そこで勝利者インタビューをしたり・・・。まぁ、ちょっと司会進行にグダグダ感はあったけれど、司会を立てて競技を運行していくという姿勢は素晴らしいと思う(下写真)。タイムスケジュールまで配布され、きっちりと大会を進めて行こうという意識がものすごく感じられた。

100323

また、これまでは指定席以外はわらわらとギャラリーがプレースペース周りを取り囲む感じだった。そこに階段状の閲覧スペースを設けることで、きちっと人を配置できたいたように思う。そして何よりもうれしかったのは、会場内の禁煙化だ。毎年、会場入り口のオープンスペースは、タバコの煙で真っ白だった。今回、予選会場内も禁煙だった。ビリヤード場ではタバコは当たり前、という感覚はちょっと疑問だったのだが、改善されてきているわけだ。ただ、これまでは海外のトッププロなどもタバコを吸うためにこのオープンスペースにやってきていて会うことができた。が、今年はそういう意味ではプロを見る機会が少なくなったかな。でも、プロはそのプレーを見ればいいわけで、この禁煙化は来年以降も続けてほしい。

さて、最後に、今年の会場で撮影したムービーを紹介。フィリピンのハードブレイカー、ジェフリー・デルーナのブレイクだ(下ムービー)。ブスタマンテとの新旧ハードブレイカー対決時のムービーがコレ。ラックシートなどにより、ハードなブレイクが必要なくなり、ややソフト目のコントロールブレイクが主流であるいま、思いっきり打ちっぱなすその姿は気持ちがいい! 体が台からを飛び越えそうなくらいジャンプしているのがすごい。3、4個は当たり前にポケットしていた。ブレイクであんなに球がなくなったら、ランアウトも簡単だろうなぁ・・・うらやましい。このムービーでも4個ポケットインで残り5球。きっちり5回撞いただけでマスワリでした。

続きを読む "来年のジャパンオープンも期待できる"

| | コメント (0)

2009/09/08

球で遊ぶ犬のムービー

ビリヤードの球で遊ぶ犬のムービーが、YouTubeにアップされていた(下ムービー)。かなりちゃんと球を弾いて遊べている。すごい。かわいいなぁ。ドゴアルゼンチーノかな? それともアメリカンブルドックかな? どちらにしろ、うちの犬(ボクサー)に似ている。この系の犬は、みな好奇心が旺盛で、こういう遊びをよくやるから面白い。

たぶんこの映像は、自宅のビリヤード台のものだと思うのだけど、犬がOKなビリヤード場ってないかなぁ。そしたら、うちの犬を連れて行くのだけれど。でも、ビリヤードの台くらいの高さなら、きっと飛び乗って大変なことになるな。それはそれで面白いのだけれど、きっとお店の迷惑になる。

続きを読む "球で遊ぶ犬のムービー"

| | コメント (0)

2009/03/25

ハイスピードカメラで引き球を検証

以前、ハイスピードカメラによる映像をいくつか撮影したと書いたが、今回は引き球の映像を紹介。結構、マックスの引きを入れた手球が的球に当たってから戻るまでの映像と(下ムービー:上)、やや弱めの引きを入れた手球が的球に当たってから戻るまでの映像だ(下ムービー:下)。どちらも土方Pが撞いたもの。こうやって映像で見ると、引き球は、いったん静止して空回りし、戻ってきているのがよくわかる。そして戻る際、一瞬回転が弱まってから動き出す。この静止している状態での回転数が、そのまま引きのキレになるのかな? 土方Pのマックスの引きでは、静止して2回転くらいしている。ちなみに、面白いのは、弱めの引きでも、手球はこのままテーブルを半分ちょっと戻る。ちょうどセンターショットで引きを入れて、手球をスクラッチさせるくらいの距離。このくらいの回転で、引きはじゅうぶんにかかるということだ。

そうそう、このムービーだけでは、プロの引き球がどのくらいすごいのかイマイチわからないだろう。というわけで、僕が引いた手球が的球に当たってから戻るまでの映像も紹介(下ムービー)。一応、マックスで引いている。が、回転数が違うな。あとは、僕が撞いている引き球は、進む際に手球が滑っているように見える。勢いはあっても、回転が伝わっていないのかも。もっと効率よく、手球に回転を加えるように撞かなくては・・・と思ってしまう。

続きを読む "ハイスピードカメラで引き球を検証"

| | コメント (0)

2009/03/23

JO:赤狩山P vs F.ブスタマンテ

ジャパンオープン、決勝日の初戦である、男子ベスト16の注目カードは、赤狩山PとF.ブスタマンテの対戦。予選を観戦した人からの情報によれば、どちらもものすごく調子がよかったらしい。これは見逃す手はない。このゲーム、途中まで赤狩山Pが押していた。なかなか調子もいいようで、うまく取り切っていたしミスも少なかった。一方、ブスタマンテは、ブレイクスクラッチの連続。さらには、コントロールブレイクに切り替えても、なぜだか取り出しが見えない苦しい流れ。だが、なぜだかスコアーは開かない。流れが悪くても崩れていかない。これが世界一流ということだろう。赤狩山P相手に、3連続ブレイクスクラッチなんかしてたら、普通なら気持ちがなえてしまう。そこをこらえて4−4のイーブンになった辺りから、一気にブスタマンテペースになってしまった。と言っても、結局取り出しが見えたのは、8−4のブスタマンテリードで迎えた最後のブレイクだけ(下ムービー)。ブスタマンテ、思わず声が出る(笑)。そしてこの配置を約1分30秒で取り切って勝利。すごい。

流れは悪かったとはいえ、守り、攻めともにうまさが見られた。全体的に球が柔らかい。結構、殺し球を多用していて、「え、こんなフリがあるのに!?」という球でも、普通に殺して手球をコントロールしていた。この、殺し球の使い方は参考になる。的球が優しくポケットに向かうので穴前でカタカタすることがない。もちろん、殺すようにヒネリのスロウを利用して厚めに狙うとか、そういう難しさはあるが、球を走らせるよりもポジショニングや入れが楽な場面はあるだろう。そして、優しい球なのに、回転がしっかりと乗っていて球が走る。この辺りは本当に近くで見ていてもわからない。特に驚いたのは、セーフティーで見せた球(下図)。クッション際の5番に手球を当てて、7番の裏に隠すセーフティーだったのだが、手球を押し殺したのだ。手球にやや勢いがあって、7番には軽くキスしていたが、それでも隠れる程度にまで勢いを殺せている。しかも、押し殺しでだ。

090323_2

さらに驚きなのは、この球を軽く撞いているということ。まぁ、勢いよく押しを入れて撞いたら、いくら押し殺しても球は7の裏に隠れないだろう。普通に押し出すような感じで球を撞いたと思ったのに、クッション際でキュッと押し殺しになったのだ。きっとクッション際の5番への手球の入り方とか、クッションに入ったときに手球の回転とか、そういう微妙なタイミングなどが絶妙にうまく合わさって、こういう殺し球になるのだろう。ブスタマンテは、ブレイクよりもプレーが素晴らしいのだと、改めて感じてしまった。

続きを読む "JO:赤狩山P vs F.ブスタマンテ"

| | コメント (2)

JO:赤狩山P vs F.ブスタマンテ

ジャパンオープン、決勝日の初戦である、男子ベスト16の注目カードは、赤狩山PとF.ブスタマンテの対戦。予選を観戦した人からの情報によれば、どちらもものすごく調子がよかったらしい。これは見逃す手はない。このゲーム、途中まで赤狩山Pが押していた。なかなか調子もいいようで、うまく取り切っていたしミスも少なかった。一方、ブスタマンテは、ブレイクスクラッチの連続。さらには、コントロールブレイクに切り替えても、なぜだか取り出しが見えない苦しい流れ。だが、なぜだかスコアーは開かない。流れが悪くても崩れていかない。これが世界一流ということだろう。赤狩山P相手に、3連続ブレイクスクラッチなんかしてたら、普通なら気持ちがなえてしまう。そこをこらえて4−4のイーブンになった辺りから、一気にブスタマンテペースになってしまった。と言っても、結局取り出しが見えたのは、8−4のブスタマンテリードで迎えた最後のブレイクだけ(下ムービー)。ブスタマンテ、思わず声が出る(笑)。そしてこの配置を約1分30秒で取り切って勝利。すごい。

流れは悪かったとはいえ、守り、攻めともにうまさが見られた。全体的に球が柔らかい。結構、殺し球を多用していて、「え、こんなフリがあるのに!?」という球でも、普通に殺して手球をコントロールしていた。この、殺し球の使い方は参考になる。的球が優しくポケットに向かうので穴前でカタカタすることがない。もちろん、殺すようにヒネリのスロウを利用して厚めに狙うとか、そういう難しさはあるが、球を走らせるよりもポジショニングや入れが楽な場面はあるだろう。そして、優しい球なのに、回転がしっかりと乗っていて球が走る。この辺りは本当に近くで見ていてもわからない。特に驚いたのは、セーフティーで見せた球(下図)。クッション際の5番に手球を当てて、7番の裏に隠すセーフティーだったのだが、手球を押し殺したのだ。手球にやや勢いがあって、7番には軽くキスしていたが、それでも隠れる程度にまで勢いを殺せている。しかも、押し殺しでだ。

090323_2

さらに驚きなのは、この球を軽く撞いているということ。まぁ、勢いよく押しを入れて撞いたら、いくら押し殺しても球は7の裏に隠れないだろう。普通に押し出すような感じで球を撞いたと思ったのに、クッション際でキュッと押し殺しになったのだ。きっとクッション際の5番への手球の入り方とか、クッションに入ったときに手球の回転とか、そういう微妙なタイミングなどが絶妙にうまく合わさって、こういう殺し球になるのだろう。ブスタマンテは、ブレイクよりもプレーが素晴らしいのだと、改めて感じてしまった。

続きを読む "JO:赤狩山P vs F.ブスタマンテ"

| | コメント (2)

2009/03/09

ハイスピードカメラで撮ってみた

カシオのコンパクトデジカメ「EX-FC100」をちょっと借りたので、さっそくビリヤードの球の動きを撮影しようとクラウドへ。このデジカメ、コンパクトなのにハイスピード撮影ができるスグレモノだ。1秒1000コマの撮影が可能で、手球の動きなどがよくわかる。クラウドに着いてしばらくすると、珍しく日曜日に土方Pが来ていた。で、このデジカメにとても興味を持ったようで、いろいろと撮影させてもらった。このデジカメは、本当にビリヤード向きだと思う。ビリヤードは止まったものを撞くから、録画するタイミングとかもわかりやすいし、カメラを固定して撮れるからブレも少ない。土方Pはもちろん、A級のAKさんのショットなども撮影してもらったので、それらはいろいろと考察を交えながら順に紹介していこうと思う。

で、今回はかなり面白い映像が撮れた土方Pのブレイクを紹介。まずはフルブレイクした際の、手球からラックを見た映像と1番に手球が当たる瞬間の映像(下ムービー)。別撮りではあるが、手球が当たった感じは同じくらいかな。何がすごいって、ほとんど無回転の手球が、直接1番までライナーで飛んでいる様子がわかる。ストロークも、速すぎてわからなかったのだが、こうして見るとキューは手球に当たってから平行に手球を押し出しているのがわかる。ハイスピード撮影だと、録音できないので迫力が伝わらないのが残念だ。

続いて、ちょっと弱めに撞いたブレイクの映像(下ムービー)。弱めとはいっても普通の人のフルブレイクよりも強い印象。手球がきちんとコントロールされている。で、このムービーでわかるのは、1番の手前で手球がバウンドしているということ。だから、フルブレイクよりも手球が跳ねている。いったん落ちて跳ね上がった手球が1番にぶつかるのだから、上に飛び上がるのは当然だ。きっと、これがブレイクをより難しいものにしているのだろう。弱めとはいっても、手球はほぼ無回転で、キューは真っ直ぐに出ている。さすがだ。

普通では見えないものが見えてくると、ブレイクについてもいろいろとわかってくる。ハイスピード撮影のために、どうしても映像は暗くなってしまうが、まぁ、ここまで見えれば十分だろう。クラウドは暗いので、もっと明るいビリヤード場で撮影すれば、もっとキレイな映像になるはずだ。

そうそう、このカメラの使い方をまったくマスターしていなかったので、結局、超ハイスピードな設定でしか撮影しなかった。ややハイスピードな設定なら、もっと大きな画面で明るく撮影できそうだ。もったいない。個人的にもこのカメラ、ちょっと欲しくなってしまった。ちなみに、以下のリンクから購入可能だ。価格は、現在4万円を切っているところもあったりする。

●【送料無料】★カシオEXILIM「EX-FC100(ホワイト)」

続きを読む "ハイスピードカメラで撮ってみた"

| | コメント (5)

2008/11/29

【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ

ビリヤードのプロのプレーは「すごい」と感心してしまうことが多いが、それが世界のトッププロともなるとなおさらだ。前回掲載したレイズの取り方などもそうだが、普通の人が思いもよらぬ球の動きで配置を取り切り、見ている人を楽しませてくれる。で、初めて見たときに衝撃を受けたのが、コーリー・デュエルのマスワリだ(下ムービー)。取り出しの1番の難しいキャノンや、アンドセーフ気味だと思うのだが3番の空クッションからの入れなど、相当な球を入れているのだが、圧巻は4番から5番だろう。とにかく、ムービーを見てほしい。

遠目の4番だが、入れて長クッションまで引くのは可能だろう。が、そこから5番まで引いて出すのだからすごい。引きが足りなかったら、5番は完全に9番に隠れてしまうため、この出しに自信があったのだろう。僕ならきっと、4番を押しで入れてポジショニングを試みるが、押しだけだと7番にキスする可能性もあるしラインが読みにくい。9番にそのまま真っ直ぐ向かってきてしまうかもしれない。と言っても、ヒネリを入れて回すには4番がちょっと厚すぎる。というか、引きで長クッションに入った手球がセンター付近に行く瞬間、回転で加速してるよ。なんかもう、キレ方がおかしいとしか思えない。長クッションからヒネリの力を利用して5番に出そうとすると、7番にキスする可能性もある。だからといって長クッションで立たせてから回転のカーブで持ってくるとは・・・。このあとの手球をよく見るとわかるのだが、かなり順の回転がかかっている。ということは、やっぱり順引きだと思うのだが、う〜ん、よくわからん。実際に見たら、ギュルギュル! とか手球から音がしていそうだ。

続きを読む "【ムービー】コーリー・デュエルの(ほぼ)マスワリ"

| | コメント (2)