フォーム全般

2011/02/01

グリップを握る

ブログの更新は滞っているが、球はしっかり撞いている。そして、最近、ちょっとフォームを変えたので、それを体に覚え込ませるために日々取り組んでいる。と言っても、それほど大きな変更ではない。グリップをきちんと握るようにしたのだ。「そんなの当たり前」と思われるかもしれないが、実はきちんと握れてなかった。キューを突き出す瞬間は握れているのだが、ストロークの途中で軽く浮いてしまっていたのだ。

ただ、これは自分自身でわかっていてやっていたことだ。昔から、キューは真っ直ぐ平行に出したいと思っていたし、それがいちばん安定すると思っている。真っ直ぐというのはイメージしやすいが、平行というのはなかなかイメージできないので難しい。ヒジから下を振り子のように動かすビリヤードのストロークは、絶対にそのままではキューは平行に進まないのだ。手球を捉えてからなら、ヒジをうまくたたむことでキュー先は真っ直ぐに進めることができる。が、そこまでが問題。ヒジを固定してキューをうしろに引くと、絶対にキュー尻が上がってしまう。そこで僕はこれまで、キューを引いたときに軽く握りを開いていた。開いて、突き出すときにまた握り込む感じだ。そうするとキューを引いたときにキュー尻が下がるので、平行に出る。が、それが最近イマイチだと気が付いた。

事の発端は、クラウドでHJくんと撞いていたときのこと。キューが回転する・しないを見ているときだった。キューを出すと、わずかだがキューが回転することがある。それは半回転とか4分の1回転とか。通常のセンターショットのような真撞きのストロークは真っ直ぐ出ていても、引きヒネリなどのときは回ってしまう。それはキューに余計な動きがあるということで、そのブレが手球に伝わっていると予測できるのだ。どうも引きが加わると、キューが回転しがちなようだったので考えてみた。そして見つけた。引き球のときはキューがラシャに近くなるため、平行に保つのが難しい。よってグリップの開きを大きくしてキューじりを下げているのだ。

そこに気を付けて、試しにしっかりと握って球を撞いてみたところ。ものすごくキレイな球スジになった。特に順引きなどのブレがなくなり、見越しも合わせやすい。変なブレが見越しまでブレさせていたのだろう。ブレのないストロークは、狙ったところにしっかりと手球が進むのだ。そんなわけで、グリップを握るよう意識してから、簡単な球をトばすことがものすごく少なくなった。そして、自信を持ってキューを出せる。このストロークを、無意識の状態でできるようになるまで、体に覚え込ませていこう。

続きを読む "グリップを握る"

| | コメント (0)

2010/09/09

オープンブリッジ

今日はクラウドで土方Pに撞いてもらった。が、8とか9でトばすなど取り切れず完敗。まったく歯が立たなかった。この土方Pもだが、クラウドの上級者はオープンブリッジの人が多い。オープンのほうが、キューの全体が見えるので方向がわかりやすく入れやすいそうだ。きっとそうだろうと思っていたので、実は僕も以前オープンにしようと思ったのだが、キュー先がズレてしまうことがあり挫折した。ただ、それはB級になったくらいのころ。いまならと思ってオープンで撞くようにしたら、かなりいい感じになった。特に僕の場合は少し頭が高いフォームなので、余計にキューの動きがよく見える。まだまだ遠目の球などでキュー先がズレてしまうことがあるが、これはキュー先を上にはねないようにグッと押さえ込んで撞けばいい。これまで同様、撞き込んでいけばいいのだ。オープンのほうが、ヒネリを入れるときも自信を持ってキューを出せる。これはいいぞ。

そして、もうひとつの変更点。これは土方Pからのアドバイス。的球とブリッジの距離が近いとのことだったので、やや離すようにした。このほうが当たり前だがキューを振る距離が長くなるのでキューが切れる。ただ、そのぶん入れは難しい。でも要は真っ直ぐにキューを出せばいいということ。オープンブリッジにしたたために、キューに距離を持たせても結構うまく真っ直ぐの軌道を確かめやすい。強めに撞くときなどは、ブリッジを的球に近づけたほうがいいかもしれないが、普段はやや離し目にしてキューをしっかりと振り抜くことを意識しよう。

ブリッジをクローズドにしてしっかりと固定することで、キュー先がブレないようにした。そして、的球とブリッジの距離を近づければ近づけるほど、キュー先が安定してズレが少なくなった。どちらもキュー先がしっかりと真っ直ぐ出るためにやってきたことだ。が、それはB級まで有効なこと。そこから上というのは、そうではダメなのだろう。いまならたとえブリッジがなくても、真っ直ぐにキューを出すことができるだろうし、出さなくてはいけないのだろう。そういうことだ。しっかりとキューを振って真っ直ぐに撞く。今回のこともそうだが、ビリヤードは、初心者には教えてはいけないようなことを上級者がやる場合が多い。そしてそっちのほうが上級者はやりやすい。すごく不思議だけど、そこが奥深さでもあるのかな。

続きを読む "オープンブリッジ"

| | コメント (2)

2010/07/05

撞点を撞くだけ

シャフトを変えたときにあれほど新しい撞き方として、撞点をトンと突き抜くような撞き方をマスターしようと思ったのに、完全に元に戻ってしまっていた。だから入れがイマイチ安定しない。ちょっとトばしがちな配置があったので、それを練習していたときに気がついた。いかん。その球は、長クッション際の的球を入れて、順下で短クッション側に戻してくるもの(下図)。ちょうど図で示したくらいのフリと距離が入れごろトばしごろな感じだったりする。この球、もっと遠かったり薄かったりしたら入れて出すのが難しいので、まぁしょうがないと半分諦めるのだが、図の配置は違う。このくらいのフリと距離は、特にポジションミスというわけでもなく、確実に入れて出さなくてはいけないと思うのだ。

100705

そして、この球の入れと出しが、撞点を合わせてトンと撞く撞き方だとやりやすい。これまでのようにキューに手球を乗せて入れようとすると、入れも不安定だし、何よりも手球がきれいに戻って来ないのだ。撞点をトンと撞くと、ヒネリがうまく乗って、スーッと手球が手前に戻ってくる。この撞き方は、全体的に入れの安定につながるし、ハイテクシャフトだとこちらのほうがキレが出て手球をコントロールしやすい。入れも出しもしやすいのだから、これはもっと撞き方をマスターしていかなくてはいけないのだ。忘れないように頭に入れて、しっかり練習しないとな。

続きを読む "撞点を撞くだけ"

| | コメント (0)

2010/06/09

入れ方を思い出した

昨日だったか、ふと思い出した。球の入れ方。そして、ちょっと前のときくらい、入れが戻ってきた。タップを変えたことで、入れが不安定になってしまったわけだが、それからずっと、入れようとしすぎていたり、慎重になりすぎていたのかもしれない。「入れる」という意識で構えて、あとはスッとキューを出すだけで球は入るのだ。最も重要視するのは、リズム。スッと構えてスッとキューを出す。難しい配置はそういうわけにはいかないが、ボーラード中などの簡単な配置を続けて取り切る際には、このリズムを重視した感覚のほうがうまくいく。変にキュー先をこねてしまうことがないのだ。

このようなショットのリズムで常に撞けるようにしなくてはいけないのだろう。どんな状況下でも、このリズムを失うことなく撞くことができれば、簡単な球をトばすことも少なくなる。要は、このリズムで撞くことができるハートの強さが必要だということだ。ちょっと薄いとか、ちょっと遠いとか、実際は簡単なのに変に意識をしてしまってトばしてしまう球。そういう球をリズムよく撞けるようになりたい。そうすれば、簡単な球をトばしてしまうことも、減っていくと思うのだ。

続きを読む "入れ方を思い出した"

| | コメント (0)

2010/05/29

小指に注意!

ちょっとハードなショットでトばすことが多かった。特にロングのドローの安定度がイマイチ。その原因がわかった。今日、フォーレストでプイさんから指摘が。「特にロングのドローのときに、小指をグッと握り込んでしまっていますよ」とのこと。小指を握り込んでしまうと、キューを巻き込んでしまうためにコジってしまうのだ。実は、これはすごく気をつけていたこと。だからこそ、僕はストロークでは、グリップを中指と薬指だけで握っている。なのに、力が入ってしまうときに、小指を握ってしまっていたのだ。これはいけない。そこで、小指を使わないようにすると、ロングのドローでも気持ちよく真っ直ぐにキューが出るようになった。

フォームを作るにあたって、小指は使わないストロークをマスターしたはずだったのだが、ブレイクをするときは力を入れるために小指を使うようにした。ここが問題だった。そのままそれが、通常のストロークのときにも出てきてしまったのだ。これはまた、気をつけてストロークしないと・・・。いっそのこと、小指を詰めてしまうか、とちょっぴり考えたが、右手の小指は「return」キーを押す指なので仕事に差し支える・・・と思ってやめた。プイさんに、はじめから小指を内側に曲げてしまって、そのままグリップを握って小指を使わないようにしている人もいると聞いたが、それだと今度は小指の爪の部分がグリップに当たって振りにくい。やっぱり、ストロークの際に注意するしかないわけだ。

続きを読む "小指に注意!"

| | コメント (0)

2010/05/16

横にはらって撞く

今日はサンビリ荻窪で活動しているフォーレストに参加してきた。そこでプイさんに、スロウがあまり出ないなら、ちょっとはらうようにヒネリを入れては? と教えてもらった。シャフトをハイブリッドアルファに変えてから、ヒネリの回転で的球を横に走らせることができず、どうも厚くトばしてしまうことが多いのだ。イメージよりも、スロウが的球に入らないのだ。もちろん、ちょっと薄めに狙えばいいことなのだが、それでは手球のラインがイメージと異なってくる。入れる、入れないよりも、どちらかと言えばそのイメージの違いが問題なのだ。

というわけで、プイさんに教えてもらったように撞いてみると、これがイメージに近いスロウが出てくれる。ハイテクは、横に平行移動させて撞くのが基本だが、そうではなくて、ちょっと斜めにキューを突っ込むのだ。捻る方向にコジリながら撞く感じ。ただ、まだこの辺の細かい見越などは慣れていないので、撞くのが怖い。練習では撞くことができても、ゲーム中にはやっぱり確実に入れられる上下の撞点だけを選んでしまう。簡単な球なら、こういう撞き方もできるように、もっと撞いて、体で覚えていく必要がある。

続きを読む "横にはらって撞く"

| | コメント (0)

2010/05/06

顔の位置に注意

それほど難しくもない配置をトばしてしまうとき、だいたい顔の位置が高かったりする。例えば、ちょっと撞きにくい位置に手球があって、体を前に乗り出さなくてはいけないとき、「あれ?」という感じでミスすることがある。そういうときは、だいたい顔の位置が高い。顔の位置が高いと、見える景色がいつもと異なるので、そのぶん厚みにズレが出てくるのだろう。また、顔の位置が高いほど、厚みが見えにくくなるというのもあると思う。

そして、長クッション際に手球がある場合のへの字の球も構えたときに顔の位置が高くなってしまいがちだ。だから狙いが定まらなくてトばしてしまう。苦手な配置のひとつだ。そこを気を付けて、グッと顔をできるだけ下に持ってくるようにすると、結構厚みが見えるようになる。とにかく、どんな状況でも、きちんと狙ってきちんと入れられるようにしなくては。

続きを読む "顔の位置に注意"

| | コメント (0)

2010/04/10

キュー先がお辞儀する

ボーラードを始めてから、手球の中心付近を撞くようにしている。が、それでも簡単な配置をトばすことがある。原因は、キュー先がお辞儀するように下がってしまうためだ。きっとあまりこうした中心付近の撞点を撞き慣れていないからかもしれない。ただ真っ直ぐキューを出せばいいだけなのに、小手先で動きを加えてしまうのだ。引き球でキュー先を下にコジってしまうのはわかるが、それがやや上の撞点になる押しでもやってしまう。手球を上からたたく感じだ。これでは入れが安定しないわけだ。というか、きっと全体的にまだまだ真っ直ぐにキューを出すということが徹底されていないような気がする。何年やってんだよ・・・と、自己嫌悪だったりして。手球の中心付近を、真っ直ぐにキューが出るように撞く、という基本中の基本を、もっとしっかりと意識して撞いていこう。

続きを読む "キュー先がお辞儀する"

| | コメント (0)

2010/03/22

クリアな球

僕はヒネリを使って手球を殺し気味にして、あまり走らせないような球を撞くことが多い。逆に、バシッと撞いて走らせるような球は苦手だ。が、ジャパンオープンの予選でものすごく感じたのは、結構バシッと撞く球を使わなくては勝てないということ。ヒネリなどはあまり使わず、厚みを合わせて真を撞く。手球のコントロールは、ヒネリの回転で微調整するといった小手先に頼るのではなくて、純粋に力の加減で調節する。そうすることで、入れミスも出しミスも少なくなるのだ。特に新ラシャの会場&試合という緊張感の中では、そうした球が有効なのだろう。と言っても、これがなかなか難しい。ポケットの真ん中から入れなくてはいけない。と言うか、ポケットの真ん中から入れるためにそうするのだけれど・・・。少しのズレが入れミスにつながるし、何よりも先球が安定しない。

ジャパンオープンの予選を観戦していて、強いプレーヤーはみな、バシッと撞きつつも先球が安定していることに気が付いた。僕も安定した先球を撞きたいと理想を追いかけていたが、それはヒネリでポケット方向に走らせるとか、入れやすい加減で撞くといった小手先にこだわってきていたのかも。どう撞いても、先球が安定しなくてはいけないのだ。よく、うまい人が撞いているとき、ガコガコとなってもカコンと穴に入ってしまうことがある。安定した先球は、なぜかスルリとポケットに吸い込まれるのだ。そして出てきた答えが「ノイズ」。ノイズのないクリアな球は安定しているという結論だ。手球に余計な方向の回転とか振動といったものがなければ、当たった球にもそうした要素が加わらない。逆を言えば、手球に余計なノイズがあれば、それは先球にも加わり安定したポケットにつながらないというわけだ。

どうしたらそんな球が撞けるのか? という答えも会場で見つけた。福本Pの球。芸術です、あの美しさ。手球や先球が本当に美しく転がる。だから、球はキレイにポケットされるし、手球のポジショニングも安定する。まさに理想の球質だ。ちょうど予選の会場にBOSSが来ていて、話してみるとなんと福本Pの応援にやってきたとのこと。聞いてみると、平行にキューを出すためにいまのストロークを自力で編み出したのだとか。福本Pのプレーを見る機会があれば、注目してほしいのだが、バックストロークの際にヒジがクッと下がる。これは独特だ。振り子のようにヒジを固定してキューを引くと、どうしてもキュー尻がアップしてしまう。すると、平行にキューは出ない。ヒジを下げることで、キューの平行移動を実現しているのだ。だから、余計なノイズが手球に乗らないわけだ。

僕はこれまで、コンパクトなスイングを心がけていた。コンパクトになって余計な動作が少なくなれば、おのずと余計なノイズも減るだろう。が、だからといって振り子のままキューを振るのでは、どうしても下方向の力が手球に加わってしまう。手球を撞く瞬間は台とキューが平行でも、それまで振り子の運動をしていれば、慣性の法則で下方向に力が加わってしまうわけだ。そんなわけで、この福本Pのストロークはさっそくマネしてみようと思う。あそこまで完璧に平行にならなくても、平行を心がけるようにすれば、ノイズも減ることになるだろう。ビリヤードを始めたばかりのころ、キューを平行に出そうと苦労していたのだが、ここ何年かはそのことをあまり意識しなくなっていたような気がする。もちろん、土手撞きなどのときは平行という言葉を意識するが、普段の状態では考えていなかったかもしれない。これはいけない。もっとクリアな球を撞くために、平行なストロークを心がけていかなくては。ゲームの中でもできるよう、体に覚え込ませていく必要がある。しばらくは、地味な練習でフォームを固めるところからスタートかな。

ジャパンオープンの決勝もそうだが、予選もいろんなプロの球が見られるので本当に楽しかった。多くの人の球やフォームなどプレーを見るということは、それだけ発見があることなのかもしれない。ちなみに、予選の会場には高橋Pもいた。憧れであり目標の高橋Pだ。勝者側で残っていて、待ち時間に練習をしていたのだが、カッコよかったなぁ(下写真)。そのとき、「僕がビリヤードを始めたきっかけは高橋さんなんです!」とか声をかけたかったけれど、なんかできなかった・・・残念。実はビリヤードを始めた当初は「打倒、高橋邦彦」がスローガンだったりしたのだが、ビリヤードを初めて半年で、その目標がどれほど高いか身にしみてわかったのだが・・・。さて、そんな高橋Pは、予選でものすごい入れを連発していたのだけれど、あの入れは技術なのか? こちらはなんだかまだわからないでいる。

100322

続きを読む "クリアな球"

| | コメント (2)

2010/03/14

ダーツ:ヒジで狙う

今回もダーツに関する話だが、これはビリヤードとまったく同じ気をつける点。それはヒジで狙うということ。これは、ビリヤードを初めたばかりの人などはまったく意味がわからない言葉だろう。が、すごく大事なことだと思う。ヒジでの狙いがきちんと定まっていないと、いい球が撞けないのだ。ダーツも同様、ヒジでの狙いが定まっていないと、狙った場所に矢が飛ばない。

どういうことかといえば、ヒジの位置を固定するということ。ダーツもビリヤードも共通することは、毎回同じフォームで同じようなタイミングで・・・という点。この同じというのは、特にヒジの位置が影響する。それはどちらもヒジから下(ダーツでは上)だけを動かすというのが基本だからだ。そのいわゆる「支点」を固定することで、毎回同じようにきれいに振ることができる。ヒジの位置が決まっていないと、タイミングもズレてしまうし、そもそも腕の振りが不安定になるから狙いが定まらない。フォームを固めるという点でいちばん大事なのは、このヒジの位置だと思うのだ。だから、ダーツでもヒジの位置を意識してやるとうまくいく。ヒジで狙うという感覚は、言い換えれば、いつも矢が狙った場所に行くのと同じような位置にヒジを持ってくるということだろう。「入る」と思うヒジの位置で矢を投げればそのまま入ることが多い。球も同じ。入ると思った位置にヒジが決まっていれば、そのままキューをスッと出すだけで的球はポケットされるのだ。ヒジの位置を確立することが、フォームが出来上がることだと思う。そしてそこから、いかにコンパクトに腕を振っていくかということを追求していけば、ダーツもビリヤードも理想に近いフォームになるのかもしれない。

ただいまのレーティング:7.91

続きを読む "ダーツ:ヒジで狙う"

| | コメント (8)

より以前の記事一覧