ビリヤード場

2011/03/03

韓国で撞いて来た

2月の末から3日ほど、韓国に旅行に行ってきた。韓国料理が食べたい! 買い物がしたい! とにかく韓国に行ってみたい! という理由だったのだが、空港からバスでソウル市内に向かうときから気になる看板がチラホラ。3色、もしくは2色で3〜4個の球が並んでいる看板。ビリヤード? とやっぱり思ってしまうのだが、それにしては数が多すぎる。ちょっと街中を走れば5分に一件は見かける感じ。こんなにたくさんビリヤード場があるとは思えないので、これは何か別のものだろう? 何だろう? と思っていた。

が、その看板はビリヤード場の看板だった。調べてみると、韓国ではビリヤードがとても浸透していて、3人にひとりはちょくちょく遊んでいるのだとか。日本で言うところのカラオケに近いかな? 最近はネットカフェに押され気味だそうだが、いまでもビリヤード場がいたるところにあるらしい。とは言っても、韓国で主にプレーされているのは3クッションや四つ球といったキャロムビリヤード。ポケットは女性向けのイメージで、あまりプレーされていないのだとか。と、ちょっと調べてみた知識を並べたわけだが、実際にソウルでも観光地として有名な明洞(ミョンドン)を歩いてみると、ビリヤードの看板がたくさん見つかる。ここは、日本で言うところの原宿に近いかな? いろんなお店が並んでいて、若者もたくさん訪れる。広さも竹下通り一帯に近いかも。そんな明洞を軽く歩き回っただけで8件のビリヤード場が見つかった。ひと区画一件くらいある印象だ。そのうち、ポケットと明記されているところは半分の4件。基本的には、ポケットがあるビリヤード場は近代っぽくてわかりやすい看板(下写真:左)、ポケットがなさそうなところは昔ながらの看板(下写真:右)といった感じだ。

110303_01

そんなビリヤード場の中から一件選んで、入ってみることにした。「ビュンキュンファンプロのビリヤードクラブ」(下写真)。明洞駅近くの世宗ホテル裏にあるビリヤード場だ。銀行があるビルの地下1階にあるのだが、同じところにある岩盤浴が有名らしい。観光客が結構ひっきりなしに出入りしていた。いろいろとある中、どのビリヤード場にしようか悩んでいたのだが、古い感じのところは怖いし、なるべく広くてキレイなところにしたい。「プロ」がいるお店みたいだし、安心かなと決めた次第だ。

110303_02

入ってみると、その広さに驚いた。ポケットは5台だけど、ブランズウィックという素晴らしさ(下写真:左)。そして、ズラーッと並んだキャロムの台は25台くらいあった(下写真:右)。圧巻。16時くらいに入店したのだが、お店にはまだ誰もお客さんがいなかった。最初は、ポケットを撞こうと思って入ったのだが、キャロムの台の数がすごかったので、これは本場でキャロムを撞こう! なんて思ってしまった。そこで、店員さんに「キャロムを教えてほしい」と片言の英語で頼んでみたのだが、「私は日本語も英語もあまりできなし、コミュニケーションが取れないから教えられない」(というニュアンス)と断られてしまった。あぁ、もっと韓国語が話せるように勉強しておけばよかった、と後悔。結局、ポケットに案内してもらった。

110303_03

料金は、1時間で10000ウォン。日本円にすると800円くらいだから、日本よりも高い印象。ただこの料金でジュースが一杯無料で付いていた。聞いてみると、キャロムも同じ価格らしい。てことは、キャロムの価格は相当安い。やっぱり韓国ではキャロムを撞かなくちゃなんだよ。ということで、小一時間ほどポケット撞くかなと思ったのだが、なんとハウスキューはすべてキャロム用のキュー! どれもシャフトが太くて先角が細い(下写真:左)。これでポケットを撞くと、パワーはあるが全然キレない。というか、球が軽いからうまく力が伝わらない印象。まぁ、そんなに入れにくいという感じではないが、やっぱりポケット用のキューのほうが撞きやすいかな。ポケットの人気が低いからか、ラシャもクッションもコンディションが悪かった。ちょっと面白かったのは、各台に備え付けられているスコアボード。下段に入店からの時間が分刻みで表示されていて、どのくらい入店したのかすぐにわかるようになっている(下写真:右)。そうそう、ビリヤード用の手袋も貸してくれるらしく、そっとテーブルの上に置いてあった。

110303_04

しばらく撞いていると、すぐにお客さんがやってきた。もちろん、キャロム。キューケースを担いで3人のおじさまが入ってきて、すぐにプレーしていた。その後も、どんどんとお客さんがだいたい3〜5人くらいのグループで入ってくる。やっぱり韓国はビリヤードがさかんなんだなと実感した。なんか、どんどんどんどんポケットの肩身は狭くなるし、そもそも韓国という知らない土地だしということで、早々に切り上げようと1時間よりもちょっと前にお店を出ることに。なんと、分単位で料金は設定されているらしく、10000ウォンよりも安い金額を支払えば大丈夫だった。今回、短い時間だったけれど、なんだか韓国のビリヤード事情がわかった気がして楽しかった。今度はある程度韓国語がわかるようになって、そして何よりもキャロムを練習してからまたやってこようと思う。球撞いて焼き肉食べて買い物して・・・。って、きっと最高の韓国になるだろう。

続きを読む "韓国で撞いて来た"

| | コメント (4)

2009/07/24

初BAGUS(新宿コマ劇前)

7月16日にオープンした新宿BAGUS(元サムタイム)だが、先日、初めて訪れた(下写真)。球代半額キャンペーンのおかげで、ものすごい混みよう。台数もサムタイム時代よりやや少なくなっている。ダーツとゴルフのコーナーがあるのだが、どちらも区切られていてビリヤードスペースからは直接見ることができない。こういう環境はすごくいい。そして、なんかBAGUSっぽくなっている。なんというか、ちょっとオシャレな感じだ。仕事帰りのサラリーマンやOLさんが、ワイワイやるにはすごくいいと思う。

090724

テーブルコンディションだが、新ラシャなので難しい。滑る滑る。ものすごく引ける。だからイマイチコンディションを伝えにくい。ポケットはやや甘めだが、受けがいいという感じではない。でも、全体的には撞きやすいかな。マスワリも出しやすい。そうそう、プロの方が毎日来ているみたいで、ひとりで撞いている人などがいると一緒に撞いてくれるというサービスがうれしい。これがあるだけでも、いく価値はあるかな。とりあえず、仕事帰りにときどき寄ることはありそうだ。あと、花台にカメラが付いているのが面白い。撞いている様子やテーブルの俯瞰をモニターで見ることができる。ここで撞くとかなりはずかしいな。センターショットとかできない感じ。でも、試合とかの観戦時にはすっごくいいだろう。これ、録画できるのだろうか? 録画したデータをもらえるなら、ちょっとくらい代金払ってもやってみたいなぁ。いろいろと取り組みがなされているBAGUSだが、やっぱり料金が高いかな。キャンペーンが終わってからも行ってみたのだが、今度は同じくらいの時間に到着したのに、ものすごく空いていた。3分の1も台が埋まっていなかった。やっぱり価格だよなぁ・・・。というわけで、ちょっと心配だが、個人的にはアリかなと思う。

続きを読む "初BAGUS(新宿コマ劇前)"

| | コメント (2)

2009/06/20

Bird's-eye Billiardsに行ってきた

淵野辺にあるビリヤード場、「Bird's-eye」に行ってきた(下写真)。全然関係ないが、あの榮倉奈々が育った淵野辺だ。横浜線の淵野辺駅から徒歩1分くらいのすぐの場所にある。横がボクシングジムで、ちょっとそこも気になったりして・・・。このビリヤード場は、できて8年くらいだそうだ。実家が橋本で、近いと言えば近いのだが、いままで訪れることはなかった。車で近くを通ることはよくあったのだけれど・・・。

090620

ビリヤード場は階段を上がった2階にあるのだが、入ってみると結構広い。雰囲気は、古くからの球屋っぽい。匂いもそんな感じ。ポケットが8台とスリーが1台ある。この店は、ポジションプレーなどでおなじみの関川Pのお店だ。僕は、ひとりで練習することが多かったので、書籍としてのポジションプレーにも、球'sで連載していたポジションプレーにも、すごくお世話になった。いまある球の取り方の基本は、きっとそこから学んだものだろう。残念ながら、当日に関川Pはいなかったのだが、楽しく球を撞かせてもらった。なんか、あまり慣れない環境で撞くと、へんに緊張してしまってうまく撞けないのだが、そういう中でもきちんとした球が撞けるようになりたいなぁ。実家からはそう遠くないので、機会があったらまた行ってみよう。

続きを読む "Bird's-eye Billiardsに行ってきた"

| | コメント (0)

2009/05/21

久々のROOTSセカンドステーション

橋本の実家に戻った際、久々にROOTSセカンドステーションに行ってみた。日曜日の夜ということもあり、ガラガラ。というか、貸し切り(下写真)。台が1台減って、ダーツに変わってしまっていた。まぁ、これだけ人がいないのなら、しょうがないか。ここは、なぜかダーツはものすごく盛況で、いつも人で溢れている。以前、上の階にもビリヤードスペースができるといった話を聞いたが、工事はまったく進んでいないようだ。

090518

そして、ちょっと気になったのはテーブルコンディション。ラシャが結構すり切れていた。あと、クッションがもうやばい感じ。ところどころ固くなり始めていて、球が当たるとゴンと異音がする部分もある。ビリヤードって、やっぱりきちんとテーブルをメンテナンスしてある店のほうが撞きやすい。あんまり人気ないみたいなのでしょうがないとは思うのだが、でも、ボーリング場や漫画喫茶の一角ではないのだから、それなりにいいコンディションで撞きたいなぁ。ただ、いつも静かだし、ひとりで練習するにはいいかな。

続きを読む "久々のROOTSセカンドステーション"

| | コメント (0)

2009/05/18

!!!サムタイム閉店

mixiでは一般に公開されているから、ここで書いても大丈夫だと思うのだが、新宿のビリヤード場「サムタイム」が6月一杯で閉店するそうだ。なんとも悲しい。お店や店員さんの質、テーブルコンディション、イベントの実施など、どれをとっても最高に素晴らしいレベルのお店だっただけに、かなりショック。きっと、多くのプレーヤーがショックを受けていることだろう。最近、やっと週末ちょこちょこサムタイムに行く機会が増えたのに、本当に残念だ。

サムタイムは、7月下旬くらいからバグースとして生まれ変わるとのこと。バグースは、料金が高いしなぁ・・・。そして何よりも、サムタイムと同じようなアットホームな雰囲気が作り出せるかどうかが問題。そうじゃないと、サムタイムに通っていたプレーヤーは、バグースを敬遠してしまうかもしれない。みんなきっと、新宿で撞くところを迷ってしまうんだろうと思う。もちろん、僕もそうだ。まぁ、アシベにときどき通っているけど、ひとりで練習する場所で、みんなでっていう感じじゃないし、風林は、あんまり入ったことないし、スポランは狭いし・・・。

何はともあれ、以下、mixiの「サムタイム」コミュニティー、トピックからの転載です。

******************************

急なお話ですが、サムタイムは6月一杯で閉店することになりました。恐らく7月下旬くらいからバグースとして、リオープンすることになると思います。

スタッフが多少入れ替わったり、価格やサービスが変更することによって、お客様にご迷惑をおかけすることもあろうかと思います。予めお詫び申し上げます。

スタッフの名誉のために書いておきますが、閉店の理由は業績不振によるものではありません。
(サムタイムは年間売上数億円、年間利益数千万円の、ビリヤード場としては日本一、二を争う優良店です。)

正直、スタッフ一同、悲しい気持ち、寂しい気持ち、悔しい気持ちでいっぱいですが、残り一か月強、なんとか前向きに取り組み、お客様に楽しんでもらおうと精一杯頑張ってます。

是非、会いに来てやってくださーい!


以上  支配人からのお知らせです。


閉店になってもこのコミュ二ティを無くすつもりはありません。

よかったらこのままコミニュケーションのツールとして使ってください。

ご来店お待ちしております!!!!

******************************

球屋って、結局は水商売に近いから、こういう話が出てくるのかもしれない。調布のクラウドもそんな感じだったな。とにかく、6月中は、ちょっと無理してでもサムタイムに通おうと思う。

本当に残念だ。

続きを読む "!!!サムタイム閉店"

| | コメント (0)

2009/05/07

向ヶ丘遊園:サンビリヤード

そう言えば、少し前に向ヶ丘遊園にあるサンビリヤードに行ってきた。小田急線の向ヶ丘遊園駅から徒歩3分ほどの場所で、階段を下りた地下にある(下写真)。大学が生田にあったので、この向ヶ丘遊園という駅はほとんど庭みたいに利用していた。が、当時と比べるといろいろ変わってるなぁ。モノレールがない! まぁ、向ヶ丘遊園はいまだによく足を運ぶ駅なので、この移り変わりは少しずつ目にしていた。実際は、当時からそれほど変わってないかな。とりあえず、その当時はこのサンビリヤードのことはまったく知らなかった。

090507

さて、サンビリヤードだが、台は全部でポケットが6台。ちょっと間隔が狭い。あとは、天井が低かったりして圧迫感があるかな。当日は満台で、結構ガヤガヤしていた。こういう状況で、台間が狭いとイマイチ気分が乗らない。人が少なければ、静かだしゆったりと撞けると思うのだが・・・。そうそう、ドリンクが飲み放題だった。これはかなりいい。向ヶ丘遊園は、ときどき訪れる駅なので、たまに寄ってみようかな。

続きを読む "向ヶ丘遊園:サンビリヤード"

| | コメント (0)

2009/03/05

町田ビリヤード

そう言えば先日、町田に出向く用事があったので、その名も「町田ビリヤード」へ行ってきた(下写真)。ビリヤードを始める前までは、実家が近いということもあり、町田はよく行っていた場所なのだが、最近はほとんど行くことがなくなった。でも、調べてみると、3つもビリヤードのできる場所がある。最初は、バグースに行くつもりだった。が、ラウンドワンもあるし、昔からの球屋っぽい町田ビリヤードもある。結局、球屋っぽい球屋に行こうと考え、町田ビリヤードに向かうことにした。

090305

バスターミナル横の西友の裏。横浜線沿いにある。横浜線はよく乗っていたのだが、全然気が付かなかったよ・・・。ちなみに、ラウンドワンもすぐ近くにある。ちょっとオシャレな喫茶店(?)ぽいお店が1階にあって、なんか入り口の雰囲気はいい。ところが、入ってみると、完璧に球屋。球を撞く人間からすると、すごく落ち着く雰囲気。入り口に会計用のカウンターがあって、マスターが常連さんと球撞いていて、台が並ぶ。こういういかにも球屋っていう雰囲気のお店、減ったような気がするなぁ・・・。小田急線沿いはまだ多いかな? で、3クッションとポケット以外に、四つ球の台もある。

もちろんポケットだが、ちょっとの時間を楽しんだ。テーブルコンディションは、すごく僕には合っていた。球は走るし、ポケットも拾ってくれる。かといって穴が甘いわけではなく、キレイにポケットされるのだ。こういうコンディションの場所で、町田の人は撞けるのだからいいなぁ・・・と思ったけれど、本格的にポケットビリヤードをやっている人が少ない感じがした。学生っぽい団体さんがいたりして。まぁ、時間的に合わなかったのかも。ときどき、出向いた先で行ったことのない球屋に入るのは面白いな。また、どこか機会があったら行ってみよう。

続きを読む "町田ビリヤード"

| | コメント (0)

2009/01/19

ビリヤード・パル(PAL)

八王子のビリヤード場「パル(PAL)」が移転するとのこと。と言っても、いちども足を運んだことがない。八王子は高校時代の友人が多く住んでいて、パルの近所にも友人はいるのだけれど、八王子自体が遠いし、その駅からも遠いしで・・・結局訪れることがなかった。八王子にはバグースがあるけれど、営業時間が夕方からだし、JRの駅前にあるアプレシオ(ネットカフェ)は狭いし・・・なんか残念。

とそんなパルの移転先が、高尾だとか。高尾なんてほとんど行くことはないなぁ・・・なんて思っていたら、昨日、その新店舗になるであろうお店の前を車で通過した。秋川渓谷に行った帰りのこと、高尾駅を通過して実家に戻る途中に見つけた。この場所、実家からは車で15分程度だ。意外にというか、かなり近い。駐車場があるみたいなので、実家に帰ったときにでも、ときどき寄ってみようかな。ちなみに新店舗は、1月25日(日)12時からのスタートらしい。高尾の駅からはちょっと距離があるけど、以前の店よりも駅近だろう。場所は、以下のマップから。


大きな地図で見る

ビリヤード・パルのウェブサイトは以下のリンクから
●ビリヤード・ダーツ八王子 PAL パル

続きを読む "ビリヤード・パル(PAL)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/27

ACB

会社が移転してから、あまり足を運べなくなっていた新宿の歌舞伎町にあるビリヤード場「ACB」(アシベ)に行ってみた。やっぱり台が走る。そして、クッションからの弾み方も強い。だから、思った以上に手球が走ってしまってコントロールしにくかった。それでも、なんというか、懐かしい雰囲気で楽しく撞けた。そうそう、アシベには半年ぶりくらいに訪れたのだが、周りのお店などが変わっていて、歌舞伎町も変化の時期なのかなぁ・・・なんて思ってみたり。アシベの1階には、寿司屋とかラーメン屋ができていた。前の雑誌を売っていたお店もなんか変わっていたなぁ。コマ劇もなくなるみたいだし、歌舞伎町がどうなっていくのか、ちょっと楽しみだったりする。

アシベは、僕がひとりで練習する場として、5年ほど通ったところだ。いまの僕の基礎を作ったところともいえるだろう。ちょっと行きにくくなってしまったけれど、また時間ができたら足を運ぼうと思う。とにかく、料金が魅力的。最初の1時間が400円で、次の1時間が300円、そしてその次の1時間が200円で、以降は1時間ごとに100円だ。例えば12時間撞いたとしても、その料金は1800円だ。ちなみに、元旦は4時間無料というサービスが実施されるらしい。

続きを読む "ACB"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/19

明大前:山彦

最近、京王線から外の景色を見ることが少なくなった。先日、電車のトビラ付近に立つことがあり、ふと窓越しに目をやると、あるはずのものがない!? 一瞬、何がなくなっているのか気が付かなかったけれど、それは「ビリヤード山彦」だ。明大前の駅から新宿方面に向かうとき、すぐホームの横にあったのがビリヤード山彦。夜は、中で球を撞いている様子が見えたりして、なんとなく見るだけで安らいでいた。それが、完全に更地になっていたのだ。

足を運んだのは2度。まだビリヤードを始めたばかりのころに、いろんなビリヤード場に行ってみたくて訪れたのが1回と、A級に上がる半年くらい前に会社の帰りに1回。会社帰りに訪れた際は、隣の人に相撞きを頼まれて、すごくうれしかった記憶がある。ここに、山彦が新しく建て変わるなんてことはないだろうなぁ・・・。なんか、ビリヤード場がなくなっていくのは、やっぱり寂しい。とりあえず、何が建つのか、ちょっとチェックしてみよう。

続きを読む "明大前:山彦"

| | コメント (0)